あなたのやり方は大丈夫?正しいシャンプーのやり方

ペットを飼っていると必ずしなければいけないのはシャンプーです。しかし、正しいシャンプーの仕方を知らないと毛が痛んでしまうこともあります。シャンプーが嫌いな子だと億劫うになってしまい頻度も少なくなっている方もいるのでは無いでしょうか。今回はそんなシャンプーについてご紹介したいと思います。

シャンプーの頻度

シャンプーの頻度は月に1〜2回が理想です。しかし、お散歩でひどく汚れてしまったりダニがついてしまった場合などはすぐに洗ってあげてください。犬は人間と比べて皮膚が薄いので何度もシャンプーをすると必要な油分が落ちてしまいフケや乾燥を引き起こします。また皮膚が薄いとシャンプーの時の摩擦がストレスになり炎症や抜け毛になることもあります。あまりゴシゴシ泡だてずマッサージするように優しく洗ってあげてください。

シャンプーのやり方

正しいシャンプーのやり方は、最初に足元からゆっくりお湯をかけていきます。全身が濡れたら犬用シャンプーを泡だて全身に馴染ませていきます。この時皮膚を擦るのでなくマッサージするように優しく洗うことがポイントです。全身洗い終わった後は流します。すすぐ時に使用するお湯の温度は37度ぐらいにしてあげましょう。流す場所は顔→首→胴体→足と高い所から順番に流していきます。この順番が逆だと流しきれなかったシャンプーが残ってしまい皮膚病の原因になってしまいます。すすぎ残しが無いようにしっかり洗い流してあげましょう。

シャンプー後の乾かす作業も大切です。洗い終わったらタオルで拭き水気を取ります。この時タオルでゴシゴシ皮膚を擦ると皮膚を傷めてしまうので優しくタオルドライしましょう。タオルドライの後はドライヤーで乾かします。ドライヤーを嫌がる子もいますが、ここは心を鬼にしてしっかり乾かしてあげてください。ドライヤーの熱風を当てるときは直接当てるのではなく自分の手に風を当てながら時間をかけて乾かしてあげてください。温度も調節が可能でしたら低めにするとペットの負担が軽減されます。毛先だけでなく根本からしっかり乾かすことを意識しましょう。根元が濡れたままだとカビ発生の原因になります。

ここまでの作業が終わったらペットをいっぱい褒めてあげましょう。大好きなおやつを与えればストレスも緩和されます。

シャンプーが嫌いな子には

どうしてもシャンプーが嫌いな子はいると思います。成犬になってからでは遅いですが子犬の頃からお風呂に慣れさせるのも大切です。お風呂やシャンプーはペットを飼う上で避けられないものです。そのため子犬の頃から水やお風呂に慣れさせ「水は怖くない」「お風呂場は嫌な場所じゃない」という認識をさせる必要があります。

成犬の場合は、お風呂場=シャンプーされる場所と覚えてしまう子も多いです。そのためお風呂場へ連れて行くと嫌がるようになってしまいます。その認識を帰るにはお風呂場に連れて行ってすぐにシャンプーするのではなく水遊びをするだけにしたり、お風呂場から戻ってきたらおやつをあげたりとお風呂場=シャンプーされる場所ではなくさせると効果的です。

まとめ

シャンプーは好きな子もいれば嫌いな子もいます。好きな子だと楽ですが、大人しいためストレスがかかっているか気づきにくいこともあります。今まで嫌がらなかったから大丈夫と思わず今までの洗い方を見直してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。