これを知れば安心!愛犬の爪を切るコツ!

犬を飼っていると気になるのが愛犬の爪です。毎月ペットサロンに通っている方はそこまで気にならないと思いますが、トリミングをしていない子だと爪切りは自宅でする方が多いです。しかし、爪切りは大変ですよね。愛犬が嫌がったり、大人しくしてくれなくて苦手な作業です。今回はそんなお悩みを解決するために爪切りのコツをご紹介します。

爪切りが必要な理由

犬は猫と違い爪研ぎで整える習慣も無く、爪も伸び続けるので爪切りが必須となります。爪が伸び続けることで「歩行が困難になる」、「滑って怪我をする危険性がある」、「巻き爪になり肉球に食い込む」、「人に怪我をさせる」などの問題が発生します。あまりに伸びると根元から折れてしまうこともあるので爪切りはきちんとしましょう。

爪を切るタイミング

爪を切るタイミングは月に1回が目安です。愛犬の体質によって爪の伸びるスピードも違うので、フローリングの床を歩いたときにカシャカシャと音が目立つようになったら伸びすぎていないか確認してください。

爪切りに必要なもの

爪を切るには人間用の爪切りではダメです。犬用の爪切りを使いましょう。爪切りの種類も色々ありますがギロチンタイプが扱いやすくてオススメです。あとは出血した時に使う止血剤があると安心です。

爪の切り方

爪を切る時は1回で終わらず、角を取るように少しづつ切ると安全です。

まず、犬の爪は根元に血管があるので血管から数ミリ手前で切ります。そのあと角の部分を削るように少しづつ切ります。爪の血管は横から見ると透けて見えるので確認しながら切りましょう。爪が黒い子は爪の断面が白から透明に変わったら止めます。もし、切りすぎて血が出てしまったら止血剤を指につけて出血部い1分ほど押し当てると止血できます。止血剤が無い時は綺麗なコットンやガーゼで2分ほど圧迫してください。

爪切りを怖がる子には犬を四足歩行の状態で立たせて爪を切る脚を後ろに少し曲げた状態で切る方法がオススメです。この方法だと愛犬が爪を切られている様子を見れないので恐怖心が和らぎ大人しくしてくれる場合があります。この方法でも大人しくならない時は、1人は愛犬を撫でたりオヤツを与えて、もう1人は爪を切る2人体制でするとより効果的です。大型犬の子でも子犬の時から慣れさせておけば楽に切れるので子犬の頃からトレーニングするのも大切ですね。

難しい時はサロンや病院へ!

色々工夫したけど難しいという方は病院やサロンを頼りましょう。爪切りだけでもやってくれます。サロンの場合、カウンセリングや予約など手間が多いので病院のほうが気楽に行けるのではないかと思います。苦手な作業は無理して頑張る必要はないので大丈夫ですよ。料金も高くないので月に1回爪切りする程度なら問題ないと思います。

まとめ

いかがでしたか?愛犬の爪を切るときの参考になれば嬉しいです。

爪切りは頻度が高いのに1人でするには勇気が要りますよね。最初は怖いと思う方は一度病院で説明してもらうことをオススメします。獣医さんはプロなので切りすぎる長さや切り方などちゃんと教えてくれますよ。爪はほっておくと愛犬にも飼い主さんにも危ないので定期的に切るよう心がけてくださいね。

コメントは受け付けていません。