トリマーは体力勝負!トリマーの仕事内容

憧れのトリマーの仕事って気になりますよね。トリマーは大変な仕事と聞きますが具体的にどんなスケジュールで仕事をしているのでしょうか?勤務先によって多少変化しますが、今回はペットサロンで働いているトリマーの一日のスケジュールをご紹介します。

9:00 出勤&開店準備

出勤すると開店の準備をします。開店準備では店内の掃除や予約状況の確認をして道具の準備をします。予約の状況によっては開店すぐにお客様が来店するので準備を万全にしておかないとすぐにトリミングを始められません。

10:00 開店

お客様が来店されたらまずはカウンセリングを行います。ペットをどんなスタイルにしたいのか、体調に問題ないか、お手入れの悩みはないかなどペットの様子を見ながらお客様としっかり話し合います。お客様が来店されない時間は電話予約の受付や対応、物販などの接客をしています。ペットショップに併設されているサロンだとペットショップの接客やペットのお世話もするそうです。

10:30〜11:30 トリミング

トリミングは1頭仕上げるのに1〜2時間かかります。小型犬だと短時間で仕上げることができますが大型犬だと更に時間がかかります。次の予約が入っているので予定より遅らせずに時間内で仕上げなければなりません。しかし、焦ってペットに怪我をさせてしまうと大変なので冷静に素早く作業しています。トリミング後はお客様に満足してもらえば終了です。

当たり前ですが、トリミングは座ってできません。そのためトリマーは一日中立ちっぱなしで仕事をしています。1頭仕上げるだけでもかなり体力と集中力が必要になります。

12:00 昼休憩

サロン内にある休憩室で昼食を取ります。

お店によってはトリマーの休憩時間をずらしてトリミングできる体制にしている所もあります。

13:00〜18:00 トリミング

午後からトリミングを再開します。午前と比べ午後の方が忙しく、予約無しの飛び込みで来られるお客様もいます。そのため休む暇なくトリミングや接客業務に追われます。新人の頃は作業やスケジュール管理に慣れるまではずっと動き続けているので余計に疲れてしまうかもしれません。慣れてくるとちょっとしたトラブルでも冷静に対処できるので慣れるまでが大変です。

19:00 閉店

閉店後は掃除や片付けをします。後片付けでは道具やトリミング台などをしっかり消毒・除菌します。トリミングやグルーミングを行うとどうしても汚れてしまうので感染症などを引き起こさないために消毒・除菌作業を行なっています。動物の毛は細くて短いので時間をかけて掃除をします。その日の売上報告や翌日の準備などで残業することもありますが、お客様が来店されないので基本は後片付けが終われば帰宅します。

まとめ

今回はトリマーの一日のスケジュールをご紹介しましたが参考になりましたか?

トリマーは可愛いペットに囲まれて働けるので楽そうなイメージがりますが、一日中立ちっぱなしで集中し続けなくてはならないのでとても大変です。特に大型犬の相手だと体力を消耗するのでトリマーは体力勝負な職業と言えます。大変なことも多いですが、ペットが気持ち良さそうにしていたりお客様に喜んでもらえるやりがいのある仕事です。

コメントは受け付けていません。