ペット好きが学ぶペットトリマー専門学校で学習する内容

トリマーの資格は各団体、学校の認定資格の為、それぞれの指導期間によって学習内容が異なります。トリマーの仕事に就くためには実技だけでなくさまざまな関連分野の知識、経験も必要となるので、専門学校在席中にしっかりと基礎を身に付けておく必要があります。

ペット関連の学習内容

トリマーの専門学校では何より実技講習の時間を多く確保しています。トリマーの仕事は専用のハサミやバリカンといった刃物を使用し、繊細な技術を必要とする仕事です。その上、サービス業ですから顧客の要望に応える事、所要時間の目安、それぞれの犬猫の性格や持病と様々な内容を把握して仕事を進める必要があります。

実技講習では実際にモデルとなる犬猫が用意され、講師の指導を受けながらカットの練習に励みます。入学当初は基本的な爪切りやシャンプー作業から始まり、卒業間近にはプードルの難易度高いカット技術も習得出来るほどまで上達します。

併せてトリマーの専門学校ではトリミング技術の講義と合わせて座学での講義も相当数予定されています。

座学で学ぶ内容は主に以下の通りです。

①骨格

②病気

③繁殖

④加齢に伴う健康管理

⑤歴史や血統

在学中はトリマーの仕事に上記の内容は一見無関係で、技術習得に重きを置きがちですが就職後はこれらの基礎知識が多いに役立ちます。

トリマー専門学校の卒業後の進路はトリミングショップ、動物病院、ペットショップ、ペットシッター、動物関連施設と多岐に渡ります。そのような仕事の場では、専門用語が飛び交い、日々手際よく正しい知識を持って仕事を行う事が求められます。

専門学校では、基礎から学ぶことができる上に、実際のモデル犬や骨格模型などを活用して講義を受ける事が出来るので就職に向けて疑問点をしっかりと解決しておくとよいでしょう。

就職や開業に向けて役立つ学習内容

トリマーの専門学校を卒業し、認定資格や必要な技術習得を終えた直後に自身で開業をするケースも多々あります。このような方法で仕事を続ける事が出来るのもトリマーの人気の理由の一つです。

卒業と同時に開業をする場合、就職をする場合に役立つように専門学校ではビジネスの基礎も講義内容に盛り込んでいます。

①経営学

②経理学

③ビジネスマナー

④開業にあたっての準備方法

⑤接客マナー

専門学校の中にはフランチャイズ制度を設けていて卒業後の開業を推奨している学校や社会人入学がメインの専門学校の場合、個人での独立開業に向けた支援講座を開講していることもあります。自身の卒業後の進路を考え、どのような方向性に進むのかを見極めたうえで進学先の専門学校を選びましょう。

スキルアップに向けた特別講座の開講

トリマー専門学校の中には、すでにトリマー資格を保有している方、さらなるスキルアップを目指したい方、ドッグショーなどで活躍する特別な技術を習得したい方へ向けた特別講義を開講している学校もあります。これらの講義は開催校の生徒に限らず申し込みが可能な場合が多く、技術習得はもちろんのことトリマー同士の交流の場としてもとても好評です。トリマーの仕事を自身が如何に前向きに技術習得に取り組み続けるかが、とても大切です。流行やスキルアップを常に意識して仕事に取組みましょう。

コメントは受け付けていません。