トリマー資格取得に便利な通信講座、その利点と注意点

資格取得に便利な通信講座。最近では、ペットトリマーの資格取得を目的とした通信講座も数多く見られるようになりました。しかし、通信講座で資格を取得した場合、思わぬ弊害が生じる場合があります。そこで通信講座による資格取得の利点と注意点についてご紹介しましょう。

ペットトリマーの資格と取得法

トリマーには国家資格が存在しないので、なるために資格は必ずしも必要ではありません。しかし、民間資格であれ資格を取得していることは、知識や技術を有していることを客観的に証明できる手段なので、トリマーとして就職の際に有利になることは事実です。トリマー関連の資格は現在様々な種類があります。財団や協会が発行しているものから、専門学校が独自に制定しているものまであり、資格によってはさらにレベル別に分類されています。資格の取得法としては、専門学校に通ったり通信講座で学ぶ方法などがあります。専門学校によっては日中だけでなく夜間コースを設けている学校もあります。夜間コースでは夕方以降に講義が開始されるので働いている方や主婦の方でも、トリマーの勉強と仕事や家事の両立がしやすいです。通学が難しい方は、通信講座も選択肢に入ります。通信講座ではテキストや動画で勉強し、実習は犬体を用いて練習します。時間に融通が利くので専門学校より無理なく学ぶことができるでしょう。

通信講座の利点

通信講座でも、資格取得のための知識を1から学ぶことが可能です。ペットの性格の違いに対する一般的な対処法や、被毛の違いに対してとるべきトリミング法など幅広い知識を身に着けるためのカリキュラムが組まれています。よって、きちんとしたスケジュールの下で学習を続けていれば、講座が終了時には無理なく資格を取得可能です。また、専門学校に比べると通学による時間的制約が少なく、費用も講座のためのテキスト代など実費に限定されるので安く済みます。時間縛られずに独学で効果的な学習ができ、資格取得のコストが抑えられる点は、通信講座ならではの利点といえるでしょう。

通信講座の注意点

技術面では十分な訓練ができない恐れがあります。なぜなら、通信講座での実習訓練は犬体(けんたい)と呼ばれるカットマネキンの犬版を用いるからです。犬体は犬の体格を模した人形で、被毛のウィッグを着せ替えることで繰り返し練習ができます。自宅で時間を問わず練習できる便利な道具ですが、当然実際の犬を相手にするのでは勝手が違います。犬の中には落ち着きがない子もいて、そういった犬とうまくコミュニケーションを図りトリミングを進めることもトリマーの技術です。そういった側面から、トリマーの求人には技術面を重視して専門学校の卒業生に限ったものもあります。また、特定の資格所有者に限り募集する求人もあり、通信講座で取得した資格の種類によっては、ほとんど評価されないケースもあることを知っておいてください。

まとめ

ペットトリマーの資格は民間資格なので、取得までの難易度は千差万別です。また、トリマーは技術職なので技術面を重視する求人では、通信講座による資格はほとんど評価されない場合もあります。資格取得前にその資格が業界でどの程度の評価を得られるものなのか、よく調べておくことが重要です。