トリミングショップの一日の仕事の流れ

トリマー

これからトリマー資格を取得したい、トリマーを目指し転職をしたいと考える場合、トリマーの仕事の一日の流れが気になるものです。トリミングショップではカットをする姿をガラス張りで周囲に披露することはありますが、その仕事全般やその流れについてはあまり公開しないものです。

ここでは一般的なトリミングショップの仕事の流れを紹介します。より具体的なイメージを描くことで、就職活動へ役立ててゆきます。

一日の仕事の流れ

トリミング専門店に勤務する一般的なトリマーの一日の流れは下記です。

AM9:30出勤   10:00の開店時間までに開店準備、作業開始準備等を行います。

AM10:00 ~   トリミング作業を開始します。シャンプーコースの場合は1時間前後、カットコースの場合は3時間ほど継続して作業を行います。中には午前中に数頭の予約を受けつけている場合もあります。

昼の休憩時間は午前中の作業が一段落してからという場合が多く、午後2時、3時に休憩になることも珍しくありません。

PM2:00~昼休憩をおえて、午後のトリミング予約分の作業を行います。午後の予約の目安はカットであれば1,2件です。

作業終了までに数時間がかかるので、夕方を目途に終えることが出来るように進めます。

PM17:00 当日の受付が終了し、カット作業を終え、清掃、片付けと進めます。この時、当日来店者のカルテを作成したり

次回への引継ぎ事項をメモに残します。

PM19:00  売上の清算業務も全て終え、施錠をして帰宅します

一般的な企業勤務に比べ、終業時間が遅くなりがちな点はサービス業ならではです。ペットホテルを併設している店舗の場合、ペットホテルの世話に合わせて出勤時間が前倒しになるので、終業時間も早まることがあります。このような店舗では交代制シフトで出勤時間を調整しています。

休日は基本平日

トリマーの仕事はサービス業ですからスタッフの休日取得は基本的に平日です。土日は来店客数が多いので出勤が原則と考えておきます。またゴールデンウイークやお盆休み、年末年始は繁忙期と呼ばれる時期で通常の数倍の予約が入る時期です。この時期はトリミングだけではなくペットホテルの利用者も増えるので休暇取得が難しい事を理解します。

少人数ゆえに幅広い仕事を担当

トリミングショップの大半は個人経営で小規模、少人数運営です。そのため各スタッフがカット作業だけではなく、接客、顧客管理、経理、物品管理と様々な仕事を担当し携わることが求められます。もちろん中には犬猫に直接かかわらない仕事もあります。これらの仕事は一見トリミングとは無縁にも思えますが幅広く対応をすることで将来の独立開業時にはきっと役に立つ知識ばかりです。面倒だと考えずに積極的に引き受けることで将来への経験値になります。

まとめ

トリマーとして仕事をするうえでは終日の立ち仕事のため気力、体力共に必要とされます。サービス業ならでは苦労や不満も起こりがちです。ただ生涯続けることの出来る技術職であり、犬猫と過ごしながら仕事をこなすことが出来るという職業は他にはないので、安易に離職せずに前向きに取り組むことをお勧めします。

コメントは受け付けていません。