意外に厳しい!トリミングショップ勤務のトリマーの平均年収

トリマーの仕事は好きな動物を毎日相手に出来るので、ペット好きにとっては憧れの職業と言われています。技術を身に付ける事が出来るので出産や育児などでブランクが空いても復職が可能、転職にも有利、女性でも独立開業な職業です。しかし仕事として目指すには年収の相場についても知っておく必要があります。

トリマーの平均的な年収

トリマーの就職先は多岐に渡りますが、中でもトリミング専門のトリミングショップへ就職した場合の年収相場は以下の通りです。

①見習い期間中 月収15万円

②一人ですべての作業が出来るレベルのトリマー 18万円

③店長、責任者クラスの仕事が出来る場合  20万円

専門学校を卒業後数年は就職をしてもまだまだ見習い期間です。先輩トリマーからカット作業の手直しや指導を受けることも多々あります。この期間は概ね15万円程が月収の目安です。年収換算した場合180万円程です。

トリミングショップの大半は個人経営で、ボーナスの支給や定期昇給は基本的にありません。

上記の金額は総支給額の相場ですから、上記から社会保険料、年金、住民税などの費用を支払うと実際の手取り額は100万円前後となることもあります。

このような内情は専門学校卒業後の進路を考える上でもとても大切なことです。実家から遠く離れた地域で就職を希望している場合、一人暮らしをするために十分な給与を得る事は難しい場合もあるので事前に卒業後の進路についても考えておく必要があります。

トリマーは時給ではなく月給制

トリマーの仕事は経験を積み、技術が上達すればするほど作業時間を短縮する事が出来るようになります。同じ犬をカットするにも見習いとベテラントリマーとでは2倍もの作業時間の差が生じる事も珍しくありません。その為、トリマーの給与体系は基本的には固定給です。給与に関しては就職の際に事前に確認をし、総支給額に含まれる各種手当や通勤交通費の支給の有無、社会保険制度などの詳細を確認する必要があります。

トリマーの仕事に伴う出費

トリマーとして就職をする場合、就職後に生じる出費があることを事前に承知しておきましょう。

トリマーが使用するハサミは基本的に個人所有の物を使用します。ハサミや用具のメンテナンス、買い替えなどにかかる費用は数万円単位に及び、もちろん自己負担です。

トリミングショップによっては勤務中に自動車の運転が必要になることも多く、免許や自家用車の保有が必要になることもあります。就職後見習い期間中は十分ま収入を望めないことが多いので、自動車免許の取得は専門学校在学中が望ましいでしょう。

トリマーの仕事は自身の不注意や犬猫の性格によって突発的な怪我を負うこともあります。そのような場合、勤務先の加入している労災保険を利用することも可能ですが、小規模なトリミングショップの場合医療費、休業補償を受け取ることができないこともあります。もちろん雇用保険未加入のトリミングショップも少なくありませんから、離職時の補償を受ける事も出来ません。

見習い期間を終え、一人前と呼ばれるレベルにまで技術が上達するまでは当面収入面での条件が厳しい期間が続く事はトリマー皆が経験する試練と考えあきらめずに取り組みましょう。

コメントは受け付けていません。