トリミング不要な犬種を紹介!

犬を飼うか検討されている方はトリミングについても気にされますよね?「トリミングは可愛いけど連れて行くにも費用がかかる」「毛玉や汚れを気にしたくない」などできる限りトリミングをしたくない方も多くいらっしゃると思います。そこで今回はトリミングが不要な犬種をご紹介したいと思います。選ぶ際の参考になれば幸いです。

犬の毛の構造

犬には大きく分けて「ダブルコート」と「シングルコート」の2種類の被毛タイプがあります。

ダブルコートとは被毛が2層構造になっています。1層目のフサフサした長毛は「オーバーコート」、2層目のモコモコした短毛は「アンダーコート」と言います。

シングルコートとはアンダーコートがなくオーバーコートのみの1層構造になっています。そしてダブルコートの犬と違い、換毛期がなくが伸び続けてしまいます。被毛を伸ばし続けても問題はありませんが、見た目や衛生面のためにカットが必要になってきます。シングルコートの犬種は冠毛期が無いため抜け毛が少なくアレルギーの持ち方でも比較的飼いやすいと言われています。

トリミングが不要な理由

トリミングが不要な犬種はダブルコートと呼ばれる被毛であることが多いです。毛は伸び続けるのではなく一定の長さで成長が止まるためカットする必要はありません。しかし、2層構造のため毛玉になりやすいので定期的にブラッシングは必要です。他にも、チワワやダックスの中で「スムースコート」の子がオススメです。スムースコートは被毛がとても短いシングルコートの被毛です。毛がとても短いのでカットや毛玉の心配をしなくていいですし、体のシルエットがはっきりしているので肥満や皮膚病など病気に気づきやすい種類だと言えます。

トリミングが不要な犬種

トリミングが不要な犬種は柴犬、チワワ(スムースコート)、ダックスフント(スムースコート)、ラブラドール・ゴールデンレトリバー、フレンチブルドッグ、トイフォックステリア、パグ、ビーグル、イタリアングレイハウンド、ボストンテリア、ミニチュアピンシャーなどが挙げられます。これらの犬種のほとんどは毛が短いのでカットは必要ありませんが肛門絞りなどグルーミングは必要です。トリミングが不要なら何もしなくていいわけではなくブラッシングやシャンプーは必要なのでご注意ください。

こんな方にオススメ

先ほど紹介した犬種はペットカットやサマーカットをしたくない人にオススメです。また、小型犬ですと毛が短いのでお洋服を着せたい方にもオススメと言えます。長毛種の場合、服の着脱で静電気を帯びたり毛玉ができやすくなってしまうので今回のような短毛種がオススメです。

まとめ

皆さん参考になりましたでしょうか?今回はトリミング=カットが不要な犬種ということで紹介させて頂きました。カットされた愛犬も可愛いですが日々のメンテナンスを考えると初めての方だと不安になりますよね。特に長毛種だとシャンプーが大変だったり皮膚トラブルに気づけないこともあります。ペットを飼う前にちゃんと毎日ブラッシングしてあげれるのか、体調の変化に気づいてあげられるかなど自分の生活に負担にならないかよく考えてから決めてくださいね。

コメントは受け付けていません。