毛玉を防ぐ!ブラッシングのコツ

ブラッシングはペットとのコミュニケーションにピッタリです。しかし、何も知らずブラッシングをしているだけではあまり効果がありません。「毎日ブラッシングをしているのに毛玉ができる…」「ブラッシングをしていても毛があまり抜けない…」と思っている方、正しくブラッシングできていますか?ペットに合ったブラシや道具を選んであげることも大切です。今回はそんなブラッシングのコツをご紹介します。

ブラシの種類

ブラシの種類は多くありますが代表的なものは以下のブラシです。

・スリッカーブラシ
・獣毛ブラシ
・コーム
・ピンブラシ
・ラバーブラシ
・ファーミネーター

「スリッカーブラシ」は換毛期に起こる毛のもつれや毛玉をほぐすのに使います。針金が付いた形状をしており短毛種や長毛種など様々なタイプの毛でも使えます。スリッカーブラシにはハードタイプとソフトタイプの2種類がありますが初めての方にはソフトタイプを使用することをオススメします。

「獣毛ブラシ」は動物の毛で作られたブラシのことを言います。動物用だけでなく人間用でも一般的に使われているブラシです。獣毛ブラシは動物の毛を使っているため油分が多く、ペットの毛に艶を与えたり毛の隙間にあるホコリを取り除くことができます。

「コーム」は金属製のクシになります。人間用の物でも代用可能ですが静電気が起きやすいでのペット用を使用してください。コームは主に長毛種の毛の流れを整える時に使います。そのためペットが長毛種の方は他のブラシとセットで持っているといいです。

「ピンブラシ」はスリッカーブラシのように針金が付いており、その先端が丸まったピンが付いているのでスリッカーブラシよりも初心者向けのブラシと言えます。スリッカーブラシやピンブラシはマッサージ効果が高いので初めての方でもペットとスキンシップが取れると思います。

「ラバーブラシ」は名前のとおりゴムでできたブラシです。ラバーブラシはブラシ自体がゴムでできているので短い毛もよくキャッチしてくれます。そのため短毛種にオススメのブラシです。

「ファーミネーター」は特殊な刃を用いて抜け毛を取り除いてくれるブラシです。他のブラシとは違い、毛の除去力がとても強く、犬以外にも猫やうさぎにも使える便利な道具です。ダブルコートの犬でも簡単にアンダーコートの抜け毛を取り除けるのでダブルコートの犬を飼われてる方には特にオススメしたい商品です。

ブッラシングのコツ

ブラッシングを始める前にまずペットをリラックスさせてあげましょう。体を撫でてあげると抵抗がなくなり落ち着いてくれます。次に背中や胴回りにブラシを入れていきます。毛玉などブラシが通りにくい所はブラシを使い分けて無理なくほぐしてあげてください。初めは嫌がる可能性があるので5分ほどで済ませ、慣れてきたら少しづつ時間を延ばしていくといいでしょう。

注意点

ブラッシングする前は必ず怪我や皮膚トラブルがないか確認してください。症状が悪化するだけでなくペットにトラウマを与えてしまうので体調を考えてブラッシングしてください。また、ペットは本能的に尻尾や耳、足先などを触られるのを嫌がる傾向があるので最初はあまり触らないように注意してください。

まとめ

ブラッシングはペットと飼い主の貴重なスキンシップの時間です。お互いが楽しむには少しの知識とコツが必要です。ブラシも毛の種類や目的で使い分ける必要がありますし、ペットの苦手な部分やストレスを気にしないとブラッシングの時間がペットにとって苦痛になってしまいます。今回の記事で皆様のブラッシングタイムがより楽しいものになれば幸いです。

コメントは受け付けていません。