ペットトリマーが知っておくべき、犬の病気について

ペットトリマーの仕事は毛をカットすることだけではありません。トリミング中にペットと触れ合う中で、健康上の異常を発見した場合は速やかに飼い主に伝え、ペットを重大な病気から守ることも重要な仕事なのです。そこで、ペットトリマーが知っておくべき犬がかかりやすい病気についてご紹介します。

犬がかかりやすい病気 外耳炎

外耳炎はあらゆる犬種が最もかかりやすい病気の1つで、外耳道が炎症を起こしている状態です。犬の外耳は耳介、垂直耳道、水平耳道と呼ばれる器官から成り、垂直耳道と水平耳道を合わせて外耳道と呼びます。炎症を起こす原因は様々です。外部寄生虫によるもの、細菌感染によるもの、さらにはアトピー性皮膚炎といったアレルギー反応が原因で生じる場合もあります。外耳炎に特にかかりやすい犬種は、たれ耳を持つ犬種や耳内部に毛が生えている犬種、耳にしわが多い犬種に加えアトピー体質の犬種です。たれ耳の犬種や耳内部に毛が生えている犬種は、耳内部の湿度が高くなりやすく細菌の繁殖を助けてしまいます。耳の中にしわが多い犬種は耳垢が溜まりやすく炎症の原因になる場合があります。該当する犬種としては、たれ耳のダックスフント種やコッカースパニエル種。耳の中にしわがあるプードル種やパグ。アトピー体質のシーズーやレトリバー種などが挙げられます。

犬がかかりやすい病気 皮膚炎

皮膚炎も犬種に関係なく罹患する病気で、動物病院への来院理由の上位です。皮膚炎の原因は多岐に渡り症状も様々なのですが、犬がかゆがりずっと体を掻いている状態は、皮膚炎の症状として共通にみられます。代表的な皮膚炎の種類を以下に紹介します。

アレルゲンで発症するアレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎は、植物など環境的な因子が影響することもありますが、食物因子が原因になることも多いです。同じ食べ物を食べ続けたり、ドッグフード中の着色料や防腐剤などの添加物が原因になることもあります。

常在菌が原因の細菌性皮膚炎・真菌性皮膚炎・脂漏症

細菌性皮膚炎は、犬の皮膚上にいる常在菌が免疫力の低下などで、爆発的に増殖することで発症します。炎症を起こすと赤い発疹やかゆみが出て、化膿することも多いです。真菌性皮膚炎は、カビが原因で発症します。細菌性皮膚炎と同じく免疫力が低下した際、犬の皮膚上でカビが増殖し感染することで炎症を起こします。脂漏症は「マラセチア」と呼ばれる常在菌が増殖したときに発症する皮膚病です。症状は被毛や肌がべたついたり、フケが増加します。

外部寄生虫が原因の疥癬症・毛包虫症

疥癬症は「ヒゼンダニ」と呼ばれるダニの1種に寄生されることが原因です。強いかゆみを誘発するようで、犬が体を掻きむしって肌の状態をさらに悪くしてしまいます。犬同士による伝染だけでなく、人への感染も確認されています。治療は駆虫薬を用いてダニを駆除するのと同時に、炎症に対するケアを行います。毛包虫症は、犬の被毛に常在している毛包虫が、免疫力の低下などの原因で増殖して起きる病気です。疥癬症同様、駆虫薬を用いて治療しますが、免疫力が低下している原因の治療を同時に行うことになるでしょう。

まとめ

病気は早期の発見と治療が重要です。トリマーを目指そうとしている方以外でも病気について知っておけば、日常のブラッシングなどのお手入れの際に異常に気付ける可能性があります。日頃から愛犬と交流を深め、健康状態をチェックすることで重篤な病気から守ることができ、より一層愛犬との生活が楽しいものになるでしょう。