ペットトリマーとは?由来やペット市場での役割と需要を紹介

昨今人気の職業のペットトリマーですが、華やかなイメージとは裏腹に競争が激しい業界でもあります。そこで今回はペットトリマーの由来や、市場での役割と需要についてご紹介したいと思います。

ペットトリマーとは 由来と意味について

トリマーとは動物の手入れをする仕事をする人全般を指す言葉です。「トリミング」をする人という意味の言葉で、ペットトリマーというとペットである動物の被毛をカットするなどして、全体的な手入れをする人のことを指します。日本ではトリマーと呼ばれるのが普通ですが、英語圏では同じ意味で「グルーマー」と呼称されるのが一般的です。グルーマーは「グルーミング」をする人という意味で、グルーミングとは動物の被毛の手入れ作業の全てを指します。つまり、グルーミングの意味の中にブラッシング、トリミング、シャンプー、ドライング(毛を乾かす作業)といった作業全てが含まれているのです。

ペットトリマーの社会的役割

以前、集合住宅では特に犬や猫といったペットの飼育は許可されていない場合が多く、さらに番犬目的やネズミ対策で犬や猫を野外で飼うことが普通だったこともあり、ペットトリマーの需要は僅かでした。しかし、昨今のペットブームにともないペット可のマンションなどの物件も増え、ペットの飼育目的も番犬などから愛玩用まで多角的になり、室内で飼育することも普通になりました。ペットの存在が近しくなるにつれ、外国産の被毛の手入れが必要な犬種も国内で増加。次第に人と同じように健康面や美容面にも目を向けられるようになりました。結果、ペットを専門に手入れの技術や健康に関する知識を有するペットトリマーの需要が大きくなりました。ペットの健康管理といいますと以前は獣医師がメインでしたが、より飼い主に近い視点からペットの手入れや健康管理にかかわる人物としてペットトリマーの役割が期待されています。これから少子高齢化が進むにつれ、ペットを我が子同然に可愛がる飼い主も増えることが予想され、それにともないペットトリマーの役割はますます拡大するでしょう。

ペットトリマーの需要について

ペット市場の拡大と共にペットトリマーと呼ばれる人の勤め先も多様になってきています。以前はペットショップや動物病院が主な就職先でしたが、現在はペット用のサロンやホテルなど個性的な店舗も増えてきました。さらに、ペット用のマッサージやネイルなどのサービスまで登場しており、ペットトリマーの活躍の場は広がっています。しかし、市場の拡大と共に競争が激しくなっていることも事実です。特に首都圏ではペット関係の店舗と人員の入れ替わりが頻繁に起きています。雇用者側としてはリピーターの増大のために腕の良いペットトリマーの確保が急務であり、優秀な人材は引っ張りだこです。以上の背景からペットトリマーの求人も増えていますが、正社員での募集はそれほど多くありません。予約の多い土日祝日や長期休暇が取りやすい時期に人手を確保したい場合が多く、アルバイトやパートでペットトリマーを募集している店舗も数多く見られます。雇用形態や条件は求人によって様々なので、好待遇を受けたければ自身の技術と知識を高め、お客様からの信頼を得るための努力が欠かせません。

まとめ

以上、ペットトリマーの由来や需要などについてご紹介いたしました。最近では、ペットトリマーとして生計を立てるために個人で出張サービスを行う方もいます。店舗が必要ないことに加え、忙しいお客様の都合に合わせたサービスを提供できる利点があり、一定の需要を獲得できているからです。ペット市場は現在成長中であり、サービスも多様性に富んだ流動性のある市場になっています。そんな中、ペットトリマーとして生きていくためには自己の技術を磨くのはもちろん、需要の変化に機敏に対応し時には独立起業する覚悟も必要になるでしょう。