ペットトリマーになるには?資格と就職先について紹介

ペットトリマーになりたいけれど資格は必要なのか。どこに就職すればよいのだろうか。そのような疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。そこで今回はペットトリマーになるために資格取得の必要性や就職先についてご紹介したいと思います。

ペットトリマーの資格について

トリマーになるために資格の取得は法的には必要ありません。なぜなら、現在トリマー資格と呼ばれるものは民間資格のみで、医者に必要な「医師免許」などの国家資格は存在しないからです。しかしながら、民間資格の取得はほぼ必須になるでしょう。雇用者側からすれば、資格を有していることはトリマーとして一定の知識や技術があることの証明なので、資格取得者の方が雇用しやすいからです。独立開業すればその限りではありませんが、資格も経験もないトリマーを名乗る人物に、愛犬のトリミングを任せようと考える方がいるでしょうか。中にはやる気や人柄を重視し、未経験者を歓迎する求人もありますが、そのようなケースは稀なのでトリマーを目指すのであれば資格は取得しておきましょう。

資格の取得法と資格の価値について

トリマー資格は民間資格なので現在様々な種類が存在し、取得法も資格によって異なります。通信講座の講義をすべて消化したうえで、試験に合格すれば取得できる資格もある一方で、専門学校に入学し座学と実技の授業を受けたうえで、その両方の試験に合格しなければ取得できない資格もあります。求人によっては、特定の資格保有者に限り募集するものや、技術面を重視しトリマーの専門学校卒業者に限定するものもあるので注意が必要です。保有していてもほとんど評価されない資格もありますので、取得しようとしている資格が業界でどの程度の評価を受けられるものなのか事前に調査することが大切です。

ペットトリマーの就職先について

トリマーの就職先は、一昔前まではペットショップと動物病院が主流でした。しかし、近年のペットブームにともなうペット市場の成長と共にトリマーの活躍の場も増えてきています。例えば、トリミングサロンは一般に定着していますし、最近ではペット用のネイルサロンやマッサージ店といったサービスも散見されるようになりました。トリマーの求人数も増えていますが、「正社員」での募集はそれほど多くないのが現状です。予約が多く入る土日祝日や長期休暇が取りやすい時期に人手が足りていればよいケースが多いので、「パート・アルバイト」での募集の方が多いのです。トリマーとして生計を立てていこうとするならば、上記のことも考慮に入れたうえでキャリアプランを立てる必要があるでしょう。

まとめ

以上、ペットトリマーになるために必要なことをご紹介しました。ペットショップや動物病院、トリミングサロンなどへ就職することが現実的なので、資格は是非とも取得しておきましょう。その際、取得する資格がどの程度の評価を得られるものか、調査を怠らないようにしてください。また、ペット業界は現在競争が激しい業界で、求人数の多さが物語るように人員の入れ替わりも激しいです。憧れだけでなく業界の現状を知ったうえで、トリマーの世界を目指してください。