専門学校や通信講座を活用してペットトリマーの夢を叶える

ペットトリマーになるには、専門学校進学、通信講座、仕事の現場で技術を身に着けるなど様々な方法があります。トリマーの資格はすべて民間団体の認定資格ですから、自分にあった学習、技術習得方法でトリマーを目指し、就職、開業することが可能です。

専門学校へ進学しトリマーを目指す

トリマーの専門学校には様々な種類があります。

  1. 全日制
  2. 夜間型
  3. 週末開講型
  4. フリータイム制(単位取得制)
  5. 企業主催育成型

全日制の専門学校の在籍期間は3カ月~3年と幅があります。在籍期間が長い場合、実技実習の講義時間が長く、職業訓練の機会が設けられていることもあります。

トリマーの資格はすべて民間団体の認定資格であり、社会人経験者や主婦からの転職も多く、夜間、週末、フリータイム型のスクールも大変盛況です。このような社会人経験者を対象とした専門学校の場合、在籍期間が数カ月と短く、即戦力の育成をも目指しているので、学習内容も実践に即した内容が多くなっています。

また最近ではトリマーの人材不足の兼ね合いから、ペットショップやトリミングショップが主催している専門学校も増えています。このような専門学校は比較的事授業料が安価な上に、卒業後の進路が確保されているので、社会人、高校生を問わず多くの学生を集めています。企業型の専門学校の場合、就職先が限定され、他ショップからの求人がない場合が多いことを承知しておく必要があります。

トリマーの資格は民間団体の認定資格なので、それぞれの団体によって認定レベルが異なります。資格取得、進学に際しては将来必要となる技術を習得できることを条件にしっかりと見極める必要があります。

通信講座を受講しトリマーを目指す

近隣にトリマーの専門学校がない、日中は仕事や家事で通学ができない、学習費用を抑えたいなどの理由から通信講座でのトリマー技術習得を目指す方法があります。

この場合、数ある講座の中から受講講座を選ぶときは下記の点を確認する必要があります。

  1. 資格認定制度の有無
  2. 実技指導の方法
  3. 実技講習に用いられる教材
  4. 受講期間

通信講座の内容は非常に差があり、家庭で飼っているペットのお世話を目指すにとどまる講座もあれば、仕事として通用するレベルを目指す講座もあります。

通信講座での資格取得は、技術面での経験不足が何よりの懸念材料です。そのためには受講期間中どのような内容で技術習得を目指すのかを事前に確認しておく必要があります。

  1. DVDの視聴による受講
  2. 課題となるスタイルに教材のぬいぐるみをカットし、宅急便で提出をする
  3. 指定の施設で実際に実技講習を受ける
  4. 実技講習はなし

通信講座でトリマーの資格を取得する場合は、就職活動の場面で不利にならないように自身で実技面の学習に取り組む必要があります。ペットを飼っている場合はもちろんのこと、知人のペットをモデルにしてもよいでしょう。1頭でも多くカットをこなすことで通信講座のデメリットを解消しましょう。

ペットトリマーは全て民間団体の認定資格のみ

トリマーの資格は民間団体の認定資格ですから、就職にあたってどの団体の資格を取得しているかはさほど重要ではありません。肩書よりも実際の技術レベル、仕事への姿勢が評価されます。社会人経験者の転職も非常に多い職業ですからぜひ前向きに取り組んでみましょう。

コメントは受け付けていません。