ペットトリマーには欠かせない、仕事道具紹介

ペットトリマーの仕事道具と聞くと、専門的な道具があるのではないかと考える方もいると思います。しかし、トリミング自体は市販のペット用品があれば可能です。そこで今回は一般的にトリミングで使用される道具についてご紹介しましょう。必要な道具があれば、ご自宅で基本的なお手入れであればできるようになります。

爪切り・鉗子(かんし)

犬の爪は小型犬であっても、大きくて太い分人間のものより硬いので、専用の爪切りが必要です。爪を切った後はやすりで角を削るようにして形を整えると、見た目にもきれいに仕上がります。爪切りとやすりがセットになった市販品も一般的です。鉗子は耳掃除に使います。先端に綿を巻き付けて耳の内部を拭いたり、耳内部の過剰な毛を抜くのに便利です。耳毛が過剰に生えていると耳内部の湿度が上がり耳垢の原因になるので適度に除去する必要があります。

バリカン・ドライヤー

バリカンは足の裏や腹部、肛門周りなど毛を一様に短くする部位に用います。クリッパーとも呼ばれ、電動式のほかに手動式のものもあります。犬が駆動音を怖がる場合は手動のものを使うとよいでしょう。ドライヤーは人間用のものと大差ありませんが、犬の地肌が確認できるように風量が強いものが好まれます。ドライヤーの大きさで風量が異なるので、犬の体長や毛質によって使い分けるとよいでしょう。

ブラシ・スリッカー・コーム

ブラシはピンブラシと呼ばれる毛先が小さな球状になっているものを使用するのが一般的です。ピンブラシは被毛の絡まりを解消したりフケを取り除くのに最適で、ブラッシングすることによりマッサージ効果も得られます。スリッカーはブラシの一種でハードタイプとソフトタイプがあり、どちらも毛玉の解消や抜け毛の除去に最適です。しかし、ハードタイプは特にピンブラシとは異なり個々のピンが固く鋭利なので、使い方が悪いとペットに痛みを与えブラッシングを嫌がるようになってしまうので注意してください。コームは動物用の櫛です。毛をカットしやすいよう立たせたり、毛並みを整えるために使用します。目の間隔はものによって様々なので、用途や犬の毛質によって使い分けると便利です。

ハサミ

トリマーにとって最も重要といえる道具がハサミです。ハサミにはいくつか種類があり、用途によって使い分けることでペットを美しく仕上げることができます。トリミングにおいて主に使われるハサミは、スキバサミ・ボブハサミ・カットバサミの3種類です。スキバサミは毛量の調節や、仕上がりを自然にするために使用されます。1回のせん断では全ての毛が切れないので、切りすぎてバランスを崩すリスクを軽減できます。目の間隔で複数の種類があるので犬種によって使い分けるとよいでしょう。ボブハサミは小型・軽量のハサミで扱いやすいです。扱いやすい分安全性が高いので、ひげや足先などデリケートな部分をカットするときに用いられます。反面、カットする毛量の調整などはし難いためメインで使うには役不足です。カットバサミはトリミングにおいてメインで使用されるハサミで、体のラインや尻尾の形の仕上げに用いられます。切れ味が鋭いのが特徴で、慣れないうちは毛を切りすぎたり犬を傷つけてしまうこともあり、使いこなすには訓練が必要です。

まとめ

以上、ペットトリマーが使用する主な道具をご紹介しました。この中で特にブラシとスリッカーは所持しておくことをお勧めします。トリマーにトリミングを任せる際、毛玉が多いと時間が余計にかかりやすくなるためです。場合によっては追加料金を課されることもありますし、何より愛犬にとって長時間のトリミングは負担になります。愛犬とのコミュニケーションになり、皮膚病などのリスクを軽減できるので日頃からブラッシングをしてあげてください。