ペットトリマーに要求される技術とその中身について

ペットトリマーに要求される技術は動物の毛をきれいにカットすることだけではなく、そのほかにも様々な技術が求められます。また、それらの技術は実際に経験しなければ体得できません。ここではそんなペットトリマーに必要な技術とその中身についてご紹介したいと思います。

道具の取り扱い技術

ペットトリマーが扱う道具はハサミやバリカンなど鋭い刃が付いている道具もあるので、一歩間違えればトリミング対象の動物を傷つけてしまいます。よって、ペットトリマーとしてまず身に着けるべき技術は道具の正しい取り扱い方です。一口にハサミといってもカットバサミやボブバサミなど様々な種類があります。カットバサミは切れ味が鋭く、メインで使用するためのハサミですがその切れ味故、耳などデリケートな部分には使用しないのが一般的です。道具類を用途と目的に応じて、自身の判断で使い分けられるようになることがペットトリマーとしての第一歩です。

動物の保定技術

動物に施術する際、動かないように固定することを保定といいます。もちろんただ力任せに押さえつけるのではなく、各動物ごとにおとなしくなりやすい押さえ方があります。ペットトリマーもこの保定の技術を身につけなければ、仕事にならないといっても過言ではありません。トリミングに来店するペットの中には落ち着きのない子もいます。正しい保定ができなければハサミやバリカンを使用している時、ペットが不意に動いた場合事故につながります。施術中にお預かりしているペットを傷つけてしまうことは、ペットトリマーとして最も避けなければならないことです。また、カットスタイルをきれいに仕上げるためにも保定は欠かせません。保定が甘いとカットした毛の長さが不均一になりやすく、美しく仕上がらないからです。

トリミングに関する各技術

ペットトリマーがトリミングで行うことは毛をカットすることだけではありません。爪切りや耳掃除、ベイシングなどを通してペットの美容と健康を総合的にケアすることが仕事です。いずれにしても、前述した2つの基礎技術が習得できていないと上達が見込めません。また、最近では多数のトリミング用品が市販され、自宅でトリミングを行う飼い主も増えています。プロとしての付加価値がなければペットトリマーとして生き残ることは難しいでしょう。そのためには、仕上げたカットスタイルが長く維持されることや、飼い主の要望を考慮しつつペットの生活様式に合わせたカットスタイルの提案ができること、病気の早期発見ができることなど技術面に加え知識面も必要です。常日頃から情報を集めて、研鑽を積まなければ需要が掴めなくなるでしょう。

まとめ

以上、ペットトリマーに必要な技術についてご紹介しました。特に保定に関してはあらゆる場面での事故を防ぐために必須な技術なので必ず習得してください。専門学校に通学すれば十分な実習機会が確保できますが、通信講座や独学だとどうしても実習の機会には恵まれません。ペットショップやペットサロンでアルバイトをしたり、実際にペットを飼育するなど動物と触れ合う機会を増やさなければ、ペットトリマーの技術習得は困難であることを覚えておいてください。