ペットトリマーの将来性と独立開業について

ペットトリマーは国内においては比較的新しく認知された職業で、ペット市場の成長とともに活躍の場も増えてます。ペットトリマーとして働くには求人に応募し雇用契約を結ぶのが一般的です。しかし、さらなる活躍の場を求めて独立を選択するペットトリマーもいます。そこで今回はペットトリマーの将来性と独立を選ぶ理由についてご紹介しましょう。

ペットトリマーの将来性

ペットトリマーの需要は年々高くなってきています。以前は集合住宅でペットの飼育は許可されない物件が多かったですが、昨今のペットブームによってペット可の物件も増えました。それにともないペットの数も大幅に増加。現在ではペット向けサービスも多角化し、ペット専用のネイルサロンやマッサージ店なども散見されるようになりました。今後、ペット市場の拡大とともにペットの専門家であるペットトリマーの活躍の場も増えていくことが予想されます。

ペットトリマーの独立開業

様々な職場で需要があるペットトリマーが厚遇を受けられるかというとそうとは限りません。逆に薄給を理由に離れてしまう人もいるくらいです。ペットトリマーの給料が上がらない理由としては、安全に施術できる頭数が限られてしまうことが挙げられます。トリミングの仕事はサービス業なので、売上を伸ばすためにはお客様に利用してもらい賃金をいただかなければなりません。しかし、1日に受け入れる頭数を増やすとペットトリマーの負担が大きくなり、施術中の事故が多くなります。サービス業でお客様からの信頼を失ってしまうことは致命的な事態です。それでは、受け入れ頭数を増やす以外で業績を向上させるためにどうすればよいかというと、トリミング単価を高くしたり必要経費の削減などの方法があります。しかしながら、この領域はペットトリマーの領分を超えてしまっているので、個人の努力だけではいかんともしがたいのが実情です。以上のことから、雇われの身では給料が上がりにくいので、ある程度経験を積んだら独立開業を選択するペットトリマーもいます。

独立開業の方法と注意点

独立開業の方法は、店舗を構えて出店する方法が一般的ですが、自宅にトリミング設備を整え開業する方法や車を用いて出張サービスを行う方法もあります。自宅を改装する方法や出張サービスを提供する方法の利点は初期投資額を抑えられる点です。自宅の場合、新しく物件を購入する費用や賃貸料がかかりません。出張サービスの場合は、車とトリミング用品を揃えれば移動サービスを提供できるので、店舗型よりも初期投資額をかなり削減することが可能です。ただ、いずれにしても成功を左右する大きな要素は立地といえます。開業しようとしている地域にどの程度、犬や猫といったペットがいるのか、ほかに競合店があるのかなど事前に調査することが重要です。特に後発で出店する場合、新たに顧客を開拓する必要があるので、どの程度のお客様が見込めるのか事前に計算しなければ長く営業することは難しくなるでしょう。

まとめ

以上、ペットトリマーの将来性と独立開業についてご紹介しました。需要や活躍の場が増えている反面、雇われ身では給料が上がりにくいことから独立を選択するペットトリマーもいます。その地域での需要にうまく答えられているペットトリマーは個人でも活躍ができています。独立開業で成功するためには技術を磨くことはもちろん、十分な事前調査が重要であるといえるでしょう。