しっかりとした将来設計が必須のペットトリマーの年収内生活

ペットトリマーの年収は他業種に比べ決して恵まれている条件ではありません。技術職でありながら、なかなか待遇面の改善がされないことでトリマーの離職者も後を絶たないという業界全体での課題もあります。

ペットトリマーの資格取得を目指す場合は、将来の年収条件をしっかりと承知したうえで計画を立てる必要があります。

ペットトリマーの資格取得資金は事前準備が望ましい

専門学校進学者の減少が話題になる中で、様々な分野の専門学校が生徒獲得に尽力をしています。ペットトリマー専門学校も同様で、生徒獲得に向けた様々な魅力ある学校作りに励んでいます。

ペットトリマー専門学校の目玉企画には以下のような内容があります。

①海外のドッグショー、展示会への見学ツアーの実施

②海外人気観光地への就学旅行

③企業と提携し、100%就職保障

④TVやペット業界で有名な講師による講義

⑤学生寮、女子寮の完備

⑥送迎バスの無料手配

これらの企画はどれも生徒に好評で、生徒数獲得にも多いに貢献しています。しかしこれらの企画を実施する為には実際に数十万円~数百万円の予算がかかり、必要な予算は学費として支払いが生じています。

高額になった学費への対策には下記の方法が講じられています。

①クレジットカードでの分割払い

②ローンによる分割払い

③卒業後に支払いが開始される分割払い(在籍中の支払いは無し)

④奨学金

これらの方法は入学へのハードルを下げ、生徒数の獲得にさらに拍車をかけています。しかし、ペットトリマーの仕事は新卒で就職後数年は給与待遇が非常に厳しく、フルタイムで勤務をしても手取り額が10万円に満たない事もあります。このような待遇の中で学費の支払いが可能かどうかしっかりと生活面の見込みを立てておきましょう。

資格取得や進学費用は事前準備が理想的

トリマーの資格は各民間団体の認定資格です。その為には受講にあたる年齢制限などはなく、場合によっては入学前に受講資金をある程度溜めたうえで進学を考えるという方法もよいでしょう。また専門学校によって短期、夜間、フリータイムと数十万円程で受講、資格取得が可能な講座もあるので予算とあわせてしっかりと検討しましょう。

ペットトリマーの年収で出来るステップアップの方法

ペットトリマーとして就職後に、技術力を向上させたい、新たな手法を学びたいと考えてもなかなか新たに専門学校へ進学をする事や都内で開催されるセミナーへの参加が難しいという事もあります。そのような時は、カットモデルを自ら集め独学で学ぶ方法がお勧めです。通常勤務中の作業は、顧客の要望に応える為に作業を行います。しかしこれでは毎回同じカットスタイルばかりの繰り返しになり、なかなか新しいスタイルに挑戦できないものです。その為には自身が習得をしたいスタイルや手法をくり返し練習ができるように知人や友人の愛犬をモデルにかり、練習をかさねてみてはいかがでしょうか。カット料金を無料にする、送迎を行うなどの条件を付ける代わりに、こちらの希望するカットスタイルの練習をさせてもらうのです。練習をかさねる中で自分なりのアレンジを考案したり、所要時間の短縮に努めたりと意識をすると益々技術の向上につなげる事が出来ます。