ペットトリマーの給料と年収、職場選びの注意点について

ペットトリマーを目指している方にとって給料や年収といった、収入面も気になる要素の1つなのではないでしょうか。希望の職種といえども、収入が低ければ生活自体が苦しくなります。将来的に家庭を持つことを考えると、なおさら収入面は気になることになるでしょう。そこで今回はペットトリマーの給料と年収、職場選びの注意点についてご紹介します。

ペットトリマーの給料と年収

トリマーの給料は地域や店舗によっても変化しますが、正社員の場合でも月収14万~20万円ほどで、初任給は15万円前後が平均値です。ボーナスがない場合、年収は180万~250万円程度で、ボーナスが出たり人気店で基本給が高い場合は年収300万~500万円程度になります。収入の面では決して恵まれた環境にないことは知っておいてください。さらに、個人経営の店舗の場合、福利厚生が整っていない場合もあり、ますます生活が難しくなってしまう場合もあるようです。中にはトリマーとして就職したにも関わらず、低収入を苦に早期退職してしまう方もいます。トリマーとして働き続けたいという強い決意と、将来どうなりたいか明確なキャリアプランがないと仕事を続けることが困難になるかもしれません。

職場選びの注意点

トリマーとして就職する際は給与面のほかに福利厚生が充実しているかどうかよく確認しましょう。例え給料が低くとも福利厚生が充実していれば幾分働きやすくなります。休日や有休の日数、賞与の有無、残業時間、きちんとした社会保険に加入できるかなど、求人情報で確認できない場合は問い合わせてでも確認しましょう。また、ペットショップはもちろんですが、最近ではペットサロンでもペット用品の販売をしている店舗をよく見かけます。そういった店舗ではトリマーに対しても販売ノルマを課している場合があり、精神的に大きなプレッシャーになることにも注意が必要です。ノルマに関しては、実際に就職するまでわからないことが多いですが、もし専門学校の卒業生など先輩や知人が務める、あるいは務めていた場所であれば内情を聞いておくとよいでしょう。

収入を上げるためには

トリマーは技術職の側面を持っているので、経験を積んで技術を磨きより多くのお客様が満足する仕事ができるようなることが収入アップの1番の近道です。しかし、雇われの身では限界も近いかもしれません。店舗として売り上げを伸ばすためには、お客さんを沢山呼び込まなければなりませんが、ペットの安全を考えると1日に施術できる頭数は限られてしまいます。すると、さらなる売り上げ向上のためには、トリミングの単価を上げたり経費の削減などが求められますが、この分野はトリマーの領分を超えた経営者の仕事です。よって、店舗で経験を積んだのちに独立を選択するトリマーもいます。店舗を構えるのが一般的ですが、車で出張サービスを行う初期投資が少ない方法を選ぶ方も多いです。いずれにせよ、お客様から信頼を得られる高い技術が要求されることは覚えておいてください。

まとめ

ペットトリマーは収入面では決して楽な仕事ではありません。ペットトリマーとして働き続けたいという確固な意思が必要で、時には独立も視野に入れたキャリアプランを求められます。しかし、独立したペットトリマーが一定の需要を獲得できていることも事実です。ペットトリマーとしての実力や需要を見逃さない観察眼と行動力があれば成功できる職業といえるでしょう。