乾燥するとひび割れも!猫の肉球ケアの必要性と方法について

猫の体の部位の中でも魅力的な肉球ですが、人の肌と同様に湿度などの影響で乾燥することがあります。乾燥すると最悪、出血をともなうひび割れが生じることもあるので、適切なケアが必要です。ここでは猫の肉球ケアの必要性とその方法についてご紹介したいと思います。

猫の肉球の役割について

猫の肉球の表面は厚くなった角質層で覆われており、その下は脂肪や弾性繊維で構成されています。果たしている役割も様々で、例えばクッションの効果があります。猫が走ったり高いところから飛び降りたりする際に、地面からの衝撃を吸収するのです。また、猫が足音を消して獲物に近づくことができるのも、肉球が接地する際の力を吸収するためです。また、滑り止めの役割もあります。猫の肉球を触った時にしっとりと湿った感触を経験した方も多いと思いますが、これは猫の肉球には汗腺があるためで、汗による適度な湿り気と肉球の弾力で摩擦係数を高くすることにより滑り止めの役割を果たしているのです。さらに、汗をかくということは体温調節の役割もあります。猫の肉球には2種類の汗腺が分布しており、体温調節のための汗を出す汗腺と臭い物質を出す汗腺があるので、マーキングの役割もあります。この他にも、物をつかみやすくする役割や舌が届かない位置の毛づくろいなど肉球が果たす機能は多様です。

猫の肉球の乾燥について

猫の肉球を触ってみて、かさついていたりざらざらした感触であれば乾燥が疑われます。そのまま放置しているとひび割れが生じ、悪化すると出血をともなうようになります。肉球が乾燥する一因は空気の乾燥で、冬はもちろんですが家猫の場合は空調によって空気が乾燥しやすい夏も注意が必要です。また、加齢による影響もあります。肉球は角質から成っているので年齢とともに角質化が進行し肉球が硬くなり、ひび割れが生じやすくなります。肉球は床などと最も接触する部位なので、一度ひび割れてしまうと治りが遅いことに加え、傷口から細菌感染を引き起こす場合もあるのでしっかりとケアしてあげましょう。

猫の肉球ケアの仕方

猫の肉球のケアには猫用の肉球クリームを使用します。昨今、さまざまな種類の猫用肉球クリームが市販されているので、そのクリームを猫の肉球に塗り込んで保湿します。その際、肉球をマッサージしてあげると血行が促進され新陳代謝が活発になり、肉球の修復を促すことが可能です。肉球クリームは猫が舐めてしまうことを考えて必ず猫用のものを使用してください。人用のものは猫にとって有害になる香料などの添加物が含まれている場合が多いからです。また、猫用の肉球クリームでなくても食用のオリーブオイルでも代用できます。使い方は簡単でオリーブオイルを2~3滴、手に取りよく伸ばし猫の肉球に塗り込むだけです。

まとめ

猫の肉球はデリケートな部位であると同時に、多様な役割を担う重要な部位でもあります。きちんとケアをしてあげることで、より健康的に生活することが可能です。子猫の頃から肉球をマッサージして肉球に触れられることに慣れさせておけば、爪切りや足先の毛のカットなど他のお手入れへの抵抗を減らす効果も見込めるので、ぜひ肉球のケアをしてあげてください。

コメントは受け付けていません。