人気のペットトリマーを目指す方へ、意外と大変な仕事内容を紹介

皆さんはペットトリマーという職業についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。犬や猫の被毛をトリミングする職業なので、仕事でありながら動物たちと触れ合える、動物好きな人にとってピッタリの仕事。以上のようなイメージをお持ちの方がいるかと思われますし、確かに前述したイメージはペットトリマーの一面として当てはまります。しかし、それだけでペットトリマーを志した場合、就職したときにミスマッチの一因となり得るでしょう。そこで本稿では、ペットトリマーを目指す方のために、仕事内容や大変な点、職場環境などをご紹介したいと思います。

ペットトリマーとは 仕事内容について

ペットトリマーとは主に犬や猫といったペットの被毛をきれいに整える「トリミング」の仕事をする人のことを指します。全身が毛で覆われている犬や猫は毛が伸びすぎると見栄えが悪くなる上に、毛にごみや汚れが付着し健康を害する恐れがあります。そこで、伸びた毛をきれいに切りそろえたり、シャンプーをして毛と地肌を清潔に保つことが必要です。
ペットトリマーにはもう一つ重要な役割があります。それはペットの健康状態をチェックすることです。ペットトリマーはトリミングのほかに爪切りや耳掃除などのケアも行います。その際ペットと触れ合う中で、健康面での異常に気が付いたらすぐに飼い主に伝え、重大な病気から守ることも大切な仕事です。
以上のことから、ペットトリマーにはトリミングの技術のほかに、病気や適切な飼い方、栄養面など様々な知識も要求されます。

ペットトリマーになるには 資格について

ペットトリマーになるために必要な資格は特にありません。なぜなら、ペットトリマーには理髪店に必要な理容師免許のような国家資格は存在せず、民間資格のみがある現状だからです。しかしながら、この民間資格の取得は必須と言えます。資格を取得していることで、ペットトリマーとしての技術や知識を有していることを証明できるので、雇用者側としても採用しやすいからです。中には人間性や仕事に対する姿勢を重視し、全くの未経験者を歓迎する求人もありますが、そのようなケースは稀です。
また、資格の種類についても注意してください。現在トリマー資格と呼ばれるものはいろいろ存在しますが、中には保有していてもあまり評価の対象にならない資格もあります。求人によっては特定のトリマー資格を要求する場合もあるので、資格取得前に世間でどの程度の評価を得られる資格なのか調査することが重要です。

ペットトリマーの大変な点 職場環境について

ペットトリマーの就職先としては、ペットサロンやペットショップ、動物病院などが挙げられます。ここで注意して頂きたいのが、いずれの場所もトリミングだけしていられる状況は稀であることです。例えばペットショップの場合、トリマーにもペット販売ノルマが課されたり、人手が足りない場合は雑務の割合が多くなりがちです。
ペットトリマーは基本的には立ち仕事で体力を使います。ペットトリマーが扱う動物は大小様々です。大型犬ですと体重は十数キロにもなり、抱きかかえたり保定するのに大変な体力を必要とします。そのため、腰痛や肩こりに悩まされるペットトリマーも珍しくありません。また、おとなしくトリミングをさせてくれるペットばかりとも限りません。中にはトリマーを警戒して吠えたり、最悪の場合噛みついたり引っ掻くといった怪我に直結する行動をとるペットもいます。
トリミング中は常に神経を使うのもペットトリマーの大変な点です。相手が動物なのでハサミやバリカンを使用中に突然動くことがあります。その時に手元が狂い、お客様の大切なペットにけがをさせてしまっては大問題です。したがって、刃物を使っているときは常に集中を切らさないことが要求されます。予約で一杯の日には、1日中集中力を保つことができなければ務まりません。

まとめ やりがいについて

以上、ペットトリマーの仕事内容や大変な点などをご紹介しました。犬や猫と触れ合い毛を切るだけの仕事ではないことがお分かり頂けたでしょうか。大変な点ばかりを挙げましたが、冒頭で述べた通り仕事中は様々な動物と触れ合っていられます。さらに、きれいにトリミングすれば飼い主から感謝もされるでしょう。また、健康面での異常をいち早く飼い主に伝えることができれば、動物の命を救うことにもつながります。これらのことにやりがいを感じられる、動物が好きな人であれば向いている仕事であることも事実です。