今日からやろう!正しい歯磨き方法

皆さんペットに歯磨きをしてあげていますか?おそらく歯磨きをしてあげていない方が多いのではないかと思います。「嫌がるから」「面倒だから」「しなくても問題ないから」そんな考えは今すぐ捨ててください。自分で歯磨きが難しいのであれば病院で歯垢と歯石を取り除いてあげてください。病院によっては歯磨きのやり方など教えてくれる所もあります。今回はペットの歯磨きの重要性についてご紹介しようと思います。

歯磨きの効果

「そもそもペットに歯磨きって意味があるの?」と思われる方も多いでしょう。確かに昔はそんなことをしなくても大丈夫というイメージがあると思いますが、大間違いです。ペットも人間と同じです。野生と違い食べ物も変化しているため歯磨きをしないと歯周病や口臭がキツくなります。あまり知られていませんがペットの病気の中で歯のトラブルが最も多いのです。そのため歯磨きはとても重要なのです。「うちの子は大丈夫」と思っていても、それはあなたが気づいてあげれていないだけかもしれません。「3歳以上の犬の約80%は歯周病になっている」と言われています。そのまま何もせずにいると大切なペットの歯が将来無くなってしまうかもしれません。

歯磨き方法

歯磨きはただ磨いているだけでは意味がありません。しっかり歯垢を除去することを意識してください。まずはペットの口の中をチェックします。この時チェックするのは歯石の有無です。歯石は歯垢と違い歯ブラシで除去できないので見つけたら病院で除去してもらいましょう。次は磨き方です。歯ブラシは歯と歯肉の間に45度の角度で当てながら横に少しづつ動かし磨きます。この時のポイントは1本1本磨くようにすること。力はあまり入れると歯茎を傷つけるので力加減に注意してください。最初は嫌がりますが終わった後にご褒美を与える習慣にすると、だんだん大人しくなってくれます。最初から全部磨こうと思わず「今日は犬歯だけ」「明日は奥歯だけ」と分けて歯磨きするのも余計なストレスを与えずに済みます。

歯磨きの種類

歯磨き種類は色々ありますが、「ペット用歯ブラシ」を使うのが一般的です。歯ブラシの種類も多くあるのでペットの好みに合わせたものや自分が使いやすいものを探してみると楽しくできますよ。人間の子供用歯ブラシを使う方も多くいるみたいです。他にも「歯磨きシート」を使う方法もあります。歯磨きシートは、ブラシではなくシートを指に巻いて擦って使用します。ブラシだと抵抗があったり、嫌がる子にはシートで慣れさせるといいですよ。また、猫の場合だと口が小さいので歯磨きシートで磨いてあげると楽にできます。補助商品として「歯磨きガム」などお菓子で歯磨き効果がある商品も多く出ています。

まとめ

歯磨きはとても大切です。私が飼っている愛猫は15歳と高齢のため歯周病で歯茎内に膿が溜まりとても辛い思いをしました。若いうちは歯のことなんて気にしていなかったのが、高齢になると大きな病気になっていることもあります。将来私のように後悔しないように皆様には早めに歯磨きを始めて欲しいと思います。大切なペットの歯を守れるのは飼い主であるあなたしかいません。

コメントは受け付けていません。