冬に必須!犬の肉球のケアについて

冬は暖房などで乾燥する季節ですが、乾燥するのは人間だけではありません。犬の肉球も乾燥してガサガサになってしまいます。そのため犬の肉球はケアが必要です。知らない人が多いと思いますが、肉球は可愛いだけでなく重要な役割をしています。そこで今回は犬の肉球ケアについてご紹介したいと思います。

肉球の役割

肉球には大きく分けて3つの役割があります。1つは「地面からの衝撃を吸収する」2つ目は「地面の暑さや冷たさを緩和する」3つ目は「汗をかいて体温調節を行う」です。つまり人間でいう靴の機能をしているのが肉球です。そんな肉球が乾燥し、ひび割れてしまうと出血し痛みを感じます。また、発汗作用も弱いので体温調節に支障をきたすことになります。

肉球の状態が悪化する原因

ではなぜ肉球のケアが必要になるくらい状態が悪化してしまうのか。その大きな原因は散歩後に肉球の汚れを拭き取ることだと言われています。乾いた布で拭く場合は問題ないのですが、ウェットティッシュなどで汚れを拭き取ると肉球の必要な油分まで拭き取ってしまうのでカサカサになってしまいます。汚れが気になるからといって毎日拭き取っていると乾燥しひび割れになってしまうので乾いた布で軽く拭き取ることをオススメします。

他にも「いつもの散歩コースで負担がかかっている」「皮膚炎による悪化」「老化によって油分の減少、発汗作用の低下」などが考えられます。出血するほど悪化すると細菌が入り炎症を起こす可能性も出てくるので状態が酷い時はケアだけでなくすぐに病院へ行きましょう。

肉球ケアの方法

肉球のケアには「肉球クリーム」を使います。間違えても人間用のハンドクリームなど塗らないでください。肉球クリームはペットが舐めても問題ない成分で作られているので安全です。しかし、商品によって成分が異なるので「ノンアルコール」「無香料・無着色」「舐めても安全な成分」かは必ずチェックしてください。天然成分を多く含んでいるものだと刺激性も少ないので安全かと思います。

肉球クリームの費用は内容量で異なりますが、500〜3000円ぐらいです。種類も豊富なので 商品レビューなどを参考にすると選びやすいです。

肉球のクリームの塗り方は人間のハンドクリームのようにマッサージしながら丁寧に塗り込んでいきます。乾燥や硬化が気になる所は念入りに塗ってあげてください。ベタベタに塗るとペットも嫌がってしまうので、塗りすぎた時はティッシュや布で軽く拭き取ってあげてください。

まとめ

肉球ケアについて理解していただけましたか?あまり聞き慣れないことかと思いますが、これからの時期は乾燥するので注意が必要です。肉球はよく使う部分なので一度怪我をすると治りが遅く、治療が長期化してしまいます。また、肉球が怪我をすると立つだけでも痛みを感じてしまうのでペットへの負担がかなり大きいです。このような怪我や出血を未然に防ぐために日々のケアは大事と言えます。出血するほど悪化すると細菌が入り炎症を起こす可能性も出てくるので状態が酷い時はケアだけでなくすぐに病院へ行きましょう。普段からプニプニの肉球であれば肉球ケアは過剰なので必要ありませんが、硬化や乾燥が気になっている方は一度試してみるといいかもしれません。

コメントは受け付けていません。