向いているのはどんな人?ペットトリマーに向いている適正を紹介

ペットトリマーになるためには特定の国家資格が必要ではないので、誰に対しても門戸は開かれています。しかし、適性がない人が続けることは難しい職業であるといえます。ここではその理由とペットトリマーに向いている適正についてご紹介しましょう。

動物が好きでコミュニケーションが上手

まず、最も必要な適正は動物が好きであることといえます。ペットトリマーは仕事中人よりも、動物を相手にしている時間の方が圧倒的に長いです。そのため、動物が好きでいつでも一緒に居たいと思える方でなければ長続きしないでしょう。また、時には人を相手にするよりも物言わぬ動物を相手にする方が難しい場合もあります。そういった気難しい動物に対峙したときでも、根気強くうまくコミュニケーションを図ることができる適正も要求されます。

人とのコミュニケーションがきちんととれる

ペットトリマーの仕事相手は動物なので、人とのコミュニケーション能力はあまり必要ないかというと、それは違います。なぜなら、物言わぬ動物の代わりにカットスタイルの要望を出すのは飼い主である人なので、ペットトリマーは飼い主さんとカット前によく打ち合わせをし、お互いに認識を共有しなければならないからです。これができていないとお客様の満足する結果は得られないでしょう。また、ペットトリマーの仕事は毛をカットするだけでなく、耳掃除やベイシングなどを通じて動物の健康チェックをすることも含まれます。その際、異常を発見したら飼い主に報告しなければなりません。健康上のリスクを分かりやすく説明するためにも、飼い主である人とのコミュニケーション能力が必要です。

専門家としてアドバイスでき相談に乗れる

最近では、トリミング前にカウンセリングを行う店舗が増えています。前述したようにカットの仕上がりイメージを共有する目的もありますが、動物の生活環境を考慮してより快適に過ごせるカットスタイルをペットトリマー側から提案するためです。また、しつけや日常のお手入れについて、ペットの専門家であるペットトリマーに相談する目的で来店される飼い主もいます。そういった方のために、きちんとしたアドバイスをしたり相談に乗ってあげられれば、信頼が得られ顧客獲得につながります。人気のペットトリマーになるためには欠かせない要素です。

気力・体力ともに充実している

ペットトリマーが相手にする動物の大きさは様々です。大型犬では体重が30kgを上回ることは普通で、そのような犬でも抱きかかえてトリミングを進める必要があります。また、全ての動物がおとなしくトリミングを受けてくれるとも限りません。中にはシャンプーを嫌がったり抵抗する動物もいます。そういう動物は保定しながらの作業になりるので、体力が必要です。さらに、ペットトリマーを警戒して大声で吠えられたり、噛みつかれたり引っ掻かれることもあります。そのような遅れが生じやすい環境下でも、タイムスケジュールを守らなければならないので、少しのことではへこたれないタフな精神力も必要です。

まとめ

ペットトリマーの適正としては、動物が好きな気持ちがあることが大前提です。それに加えて、人とのコミュニケーション能力も要求されます。ペットの飼い主は人であり、人からの信頼を得られなければ仕事を任せてもらえないからです。また、ペットトリマーは基本的に立ち仕事で、意外と体力が要求される仕事であることも知っておいてください。