怪我の防止に、家庭でできる犬の爪切りの仕方

トリミングとは、ペットの毛をカットして整えるだけでなく、爪切りやブラッシングなどを通じてペットを総合的にお手入れすることをいいます。そのため、ペットサロンでは標準のカットコースに爪切りなどが含まれている店舗も多いです。爪切りを完全にトリマーに任せても構いませんが、頻繁にサロンに通えない方も多いでしょう。その場合、家庭で行ってあげれば怪我のリスクを低減することが可能です。ここでは家庭でもできる犬の爪切の仕方についてご紹介します。

犬の爪切りが必要な理由

犬も人間と同様に、放っておくと爪は伸び続けます。犬の爪が伸びすぎると体を掻いたときに皮膚を傷つけてしまったり、爪をどこかに引っ掛けて転倒するなどして怪我の原因になりやすいです。さらに、爪が伸びている状態で走ったりすると爪が折れて出血することもあります。頻繁に外へ散歩に出かける犬の場合は地面との接触で削れて爪切りの必要はない場合もありますが、散歩の頻度が低く室内で1日のほとんどを過ごすような犬は要注意です。また、いずれにしても親指の爪は伸びやすく、放置していると犬の体を傷つけるほどになるのでケアする必要があります。

犬の爪切りに必要な道具

爪切りに必要な道具は犬用の爪切りと爪やすりです。万一、血管を切ってしまった時に止血剤と脱脂綿など清潔な布を用意しておくと安心できます。爪切りにはギロチンタイプとニッパータイプの2種類があります。ギロチンタイプは円状に空いた爪切りの刃の間に爪を通した後、刃をスライドさせて切り落とすタイプで、力が入りやすいので初心者向けの爪切りです。ニッパータイプは爪を刃で挟んでせん断するタイプの爪切りで、ギロチンタイプよりも切れ味がよく太い爪や巻いていてギロチンタイプの刃の間に通しにくい爪の切除に向いています。爪やすりは仕上げに角をとるために用います。

犬の爪切りの注意点

犬の爪の根元にピンク色~赤色に見える部分がありますが、これは血管です。よって、深爪をして切ってしまうと出血します。爪の色が薄い犬であれば血管が外から見えるので切る位置が分かりますが、爪の色が濃い犬の場合は外からでは血管の位置が分かりにくいため、爪切りには注意が必要です。爪の色が濃く血管が分かりにくい場合は、爪先から少しずつ切り進めていきましょう。すると、爪の断面が湿ってきたり色の薄い芯のようなものが現れます。これらは血管周辺であることを示す特徴なので、それ以上切ることをやめてください。

犬の爪切りの手順

犬の爪切りは比較的容易に行うことができます。まずは爪切りを用いて犬の爪を血管を傷つけないように切ります。そのままだと断面が角ばっていて危ないので、次に断面の両側の角を落とすように爪切りで爪を切ります。最後の仕上げに、爪やすりで爪の断面が滑らかになるよう削れば爪切りの完了です。万一、血管を傷つけ出血した場合は、用意しておいた止血剤を脱脂綿やガーゼなど清潔な布に適量付着させ出血カ所を圧迫します。血管からの出血なのでそれなりの量の血液が出ますが、正しく対処すれば止血は可能なので冷静に対応してください。

まとめ

爪が伸びすぎると怪我のリスクが高くなるので、爪のお手入れは必要不可欠です。犬の爪切りは比較的難易度が低いため、道具さえそろえれば家庭でも行うことができます。その際、犬が嫌がらないように、子犬の頃から爪切りを習慣づけておくとよいでしょう。