意外と知らない?犬のトリミング料金の相場

初めて犬を飼ったからサロンデビューしたい!と思っても料金がどれくらいかかるのか気になりますよね。お店を調べても料金がバラバラで安いのか高いのか判断できないときもあります。そこで今回はトリミング料金の相場や料金に差が出る理由などをご紹介します。

基本料金

今回はシャンプーコースではなくトリミング(カット)コースの相場をご紹介します。

トリミングコースの内容は、爪切り・部分カット・肛門腺絞り・シャンプー・耳掃除・全身カットを想定しています。

・小型犬 5,000〜8,000円

・中型犬 6,000〜9,000円

・大型犬 10,000〜18,000円

やはりペットの体格によって料金に差が出ます。これは基本料金の相場なのでオプションなどをつけると基本料金に追加料金として上乗せされます。

どうして料金に差が出るのか?

料金に差が出るのはペットの体格によってトリミングにかかる時間と労力にかなり差があるからです。小型犬がトリミング中に暴れたとしても1人で対応できますが、大型犬が暴れた場合は何人もの人が要ります。暴れなかったとしてもカットする面積も広く、全体のバランスを見ながら作業するのも難しいので経験と高い技術が必要となります。そのためペットの体格でこんなに差が出るのです。また、体格だけでなくペットの毛質や毛の状態でも料金が変わることがあります。短毛・長毛でも時間や手間に差が出るのでそういった点も料金に反映されるのです。例えばスムースコートチワワよりロングコートチワワのほうが料金が高くなるのが普通です。他にもプードルのようにカールが強い毛質の犬種も料金が高くなります。

追加料金が必要になるケース

基本料金を選んでも追加料金が必要となるケースがあります。それは毛玉や汚れが酷い場合です。サロンはペットを綺麗にしてくれる所だから汚れや毛玉があっても問題ないと思う方がいますがそれは間違いです。毛玉やもつれが酷いとバリカンで短く刈るか、ほぐすかの2択です。どちらにしてもトリミング内容に毛玉処理が追加されるのでその分追加料金が発生するのです。毛玉による追加料金の相場は500円〜です。バリカンで刈らずに毛玉をほぐす場合は時間がかかるので1,000円以上かかることもあります。汚れが酷い場合もトリミング前の皮膚や毛のチェックの妨げになりますし、シャンプー時間も伸びるのであまりに酷い汚れだと追加料金が発生します。こういった余計な出費を抑えるために毎日のお手入れをしっかりやりましょう。

まとめ

いかがでしたか?サロン選びに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

今回紹介したように毛玉やもつれが酷いと追加料金を取られるケースがあります。毛玉除去もトリマーの仕事ですが、毛玉ができないよう日々のケアをするのは飼い主の責任です。ブラッシングやシャンプーは難しくないので頑張りましょう。毛玉や汚れが酷いときは事前にサロンに連絡をしておくと無難です。お店によっては断られてしまうことがあるので注意しましょう。初めてで不安な事も多いと思いますが事前に連絡や相談をしておけば対応してもらえるので安心してください。トリミングって意外と高いですが愛犬にとっては必要なものです。ここは無理に節約せず愛犬と相性のいいお店を選んであげてください。

コメントは受け付けていません。