意外と簡単?自宅でできる、猫のトリミング方法

愛猫をきれいにしてあげたいものの、ペットサロンは高額。警戒心の強い子なので、預けるのが心配。などの理由から自宅でトリミングできないか腐心している飼い主さんもいるのではないでしょうか。トリミングと聞くと難しく感じるかもしれませんが、一連のお手入れのことを指す言葉なので、個々の作業は十分自宅でも可能です。ここではその方法をご紹介します。

猫のトリミングの必要性について

トリミングは、ブラッシング・シャンプー・耳掃除・爪切り・歯磨きなどの一連のお手入れ全般を指す言葉ですが、猫は人があえてトリミングをしなくても良い生き物です。なぜなら、猫を飼っている方なら猫が顔を洗っていたり、爪を研ぐ姿は日常的に目にする光景だと思いますが、その行動がトリミングになっているからです。猫の唾液には殺菌成分が含まれているので、体をなめることにより衛生状態を保つことができます。また、猫は口を使って古い爪を除去しますし、爪とぎをすることにより爪切りの効果を得ているのです。しかしながら、猫の健康を考えるのならば、人の手でトリミングを行うことは無駄ではありません。猫の体が柔らかいとはいえ背中までなめることは困難ですし、室内で飼うと爪が必要以上に伸びやすく、カーテンなどの布製品に引っ掛けて怪我をする場合もあります。人がトリミングの手助けをすることで猫の健康上のリスクを軽減できるのです。

猫のトリミングその1、ブラッシング

ブラッシングに使う道具はピンブラシ・スリッカー・ラバーブラシです。猫の毛の長さにあったものを選びましょう。スリッカーは抜け毛や毛玉の処理に最適ですが、ピンが鋭く地肌に当たると痛みを与えてしまい、ブラッシングを嫌がるようになるので注意してください。スリッカーの使用に不安があるのなら、長毛の猫にはピンブラシを、短毛にはラバーブラシを使用するとよいでしょう。いずれの道具を使用する場合も、毛並みに沿ってブラッシングしてください。背骨や腰骨など骨がある部分にブラシが当たると、猫が嫌がって逃げることがあるのでブラッシングする前に体を触って確認しておきましょう。

猫のトリミングその2、シャンプー

まずは猫を馴らすためにぬるま湯で体を濡らします。猫の毛は水を弾きやすいので、シャワーヘッドを地肌に近づけ、猫の後ろの方からお湯をかけましょう。流すときは耳にお湯が入らないようにしっかりと耳を抑え、目や鼻にお湯が入らないようゆっくりと流してください。体を濡らしたらシャンプーで全身を洗います。猫はオイリーなので2回シャンプーするとよいです。頭から尻尾の方へ順番に、もみ洗いをするように洗います。洗い終えたらシャンプーが残らないようよく流してください。シャンプーを流し終えたらタオルで水気をよくふき取り、ドライヤーで毛を乾かします。ドライヤーは猫がやけどしないよう30cmは離して使用しましょう。

猫のトリミングその3、耳掃除

耳掃除は綿棒を用いて、耳の中の汚れをふき取ります。ある程度汚れをふき取ることができたら、市販されている犬猫用のイヤーパウダーで仕上げます。イヤーパウダーを耳の中に入れ、耳の根元をもみ込むとパウダーとともに汚れが出てきます。耳の中に残存したパウダーは後に自然と出てくるので、完全に取り出さなくても問題ありません。

猫のトリミングその4、爪切り

爪切りは猫専用のものを使用しましょう。人と猫では爪の構造が異なるので、人用の爪切りを猫に使うと爪が割れてしまうなどしてうまく切ることができません。猫の手をしっかりと持って、肉球を軽く圧迫すると猫の爪が出てきます。猫の爪は根元に血管が通っていて、血管を傷つけてしまうと出血するので、深く切りすぎないよう注意してください。

猫のトリミングその5、歯磨き

猫も食事によって歯に歯垢が溜まり、酷くなると歯石になってしまいます。定期的な歯磨きにより歯石の付着を予防でき、歯の健康状態を保つことが可能です。道具はペット用の歯ブラシもしくはガーゼを使用します。猫を抱きかかえ口は閉じたままでよいので、歯ブラシまたはガーゼを巻いた指を猫の歯に当てて、こするようにして磨くとやりやすいです。

まとめ

以上、猫のトリミングの仕方についてご紹介しました。いずれの作業に共通して言えるのが、猫が嫌がったら無理に完遂しようとしないということです。無理矢理にトリミングしようとすると次回以降、素直にトリミングさせてくれなくなります。ただし、シャンプーだけは例外で、濡れたままだと疾病のリスクが高くなるので必ず乾かしてあげてください。猫の機嫌がよい時を狙ってトリミングを行ったり工程を数日に分けるなど、トリミングが猫の負担にならないよう臨機応変に対応することが重要です。