愛犬のシャンプー、正しい方法とシャンプー選びのポイント

犬を飼育するうえで、定期的なシャンプーは必要不可欠です。シャンプーをしないと犬の体臭が強くなったり、不衛生な状態になると皮膚病を発症することもあります。ペットサロンなどで任せてしまうこともできますが、頻繁に通えない場合は家庭でのケアが必須です。そこで正しい犬のシャンプーの仕方とシャンプー選びのポイントなどをご紹介したいと思います。

シャンプーの手順その1、ブラッシング

まずは、シャンプーをする前にブラッシングをして毛玉やもつれを解消しておきます。毛玉やもつれがあるとその部分の泡立ちが悪くなったり、シャンプー後に乾かしたとき毛が固まってしまうからです。また、洗っている最中に毛玉ごと皮膚を引っ張ってしまうと、愛犬に痛みを与えてシャンプーが嫌いになってしまいます。事前に抜け毛を取り除いておけば、後片付けやドライヤーで乾かす作業が楽になるメリットもあります。

シャンプーの手順その2、全身をお湯で濡らす

次に、愛犬の体全体をお湯で濡らします。犬の皮膚は人よりも薄く人が快適に感じる温度では熱すぎるので、35~38℃のぬるま湯を使用しましょう。濡らすときは顔から遠いお尻の方から濡らしていきます。シャワーヘッドを愛犬の体に密着させると刺激を少なくでき、毛に弾かれずによく濡らすことができます。顔の部分はシャワーではなく濡らしたタオルやスポンジを使って、目や耳にお湯が入らないようにしてあげてください。

シャンプーの手順その3、体を洗う

全身を濡らしたらシャンプー剤を用いて洗いましょう。シャンプー剤を泡立てて、濡らした時と同様にお尻の方から、後ろ足、背中と顔から遠いところから洗っていきます。洗い流すときは逆に、顔の方からすすいであげましょう。顔周りを洗うときは耳に泡やお湯が入らないように、耳の穴を塞ぐようにしっかりと押さえてください。また、目に泡が入ると痛いので目の周りを洗うときは、指やスポンジなどでふき取るようにして洗うとよいでしょう。

シャンプーの手順その4、体を乾かす

洗い終えたら体を乾かしましょう。まずは乾いたタオルでしっかりと水分をふき取り、その後ドライヤーを使用して完全に乾かします。被毛に水分が残っていると皮膚のトラブルに発展しやすいので、コームなどを用いて毛をかき分けながらドライヤーを当てましょう。この時、ドライヤーの熱で火傷してしまわないよう、ドライヤーは送風か低い温度にセットします。肉球の間や耳の付け根などは乾きにくいので念入りに乾かしましょう。

シャンプーの注意点

愛犬の体を洗うときはあまり力を入れないようにしてください。前述したように犬の皮膚は人よりも薄いので、力を入れてこすると皮膚を傷つけフケや皮膚病の原因となります。また、耳に水が入ると中耳炎の原因になるので、シャンプー中は耳にお湯が入らないように注意してください。それから、シャンプー剤のすすぎ残しもフケと皮膚病の原因になります。特に足の付け根と長毛種の場合は被毛にシャンプー剤が残りやすいのでよくすすぐようにしましょう。

シャンプー選びのポイント

犬のシャンプーにも人用の物と同様に種類があり、大別すると石油系、アミノ酸系、石けん系の3種類に分類されます。石油系は界面活性剤が主成分で洗浄力が強いため、脂性肌の子に向いています。しかし、その洗浄力から敏感肌の子には刺激が強すぎてフケなど皮膚のトラブルが生じることがあるので注意してください。アミノ酸系は天然由来成分で作成されており、低刺激性や高保湿力などが特徴です。乾燥肌や敏感肌の子に向いていますが、脂性肌の子には物足りない場合もあります。石けん系は天然由来成分で安全性が高いうえに洗浄力も強いです。しかし、使用感には個体差が大きく、その洗浄力から敏感肌の子には合わないこともありますし、シャンプー後に被毛がパサつく子もいます。これらのシャンプーを愛犬の体質や状況に応じて使い分けることが大切です。

まとめ

シャンプーは愛犬の健康を守るうえで欠かせないことですが、正しい方法で行わないとシャンプーが原因で皮膚のトラブルになることがあります。ぜひ正しい方法と体質に合ったシャンプー剤で、愛犬をケアしてあげてください。

コメントは受け付けていません。