愛犬の耳は大丈夫?犬の耳掃除のやり方

皆さん、愛犬の耳をチェックしていますか?一度も見たことがない方はすぐチェックしてください。気づいてないだけで耳垢が溜まっているかもしれません。犬の病気で多いのが「外耳炎」です。この病気は耳垢が溜まったり耳内部で菌が繁殖することでなる病気です。そんな病気を防ぐために今回は犬の耳掃除についてご紹介します。

耳掃除の頻度

耳掃除の頻度は週に1〜2回が理想です。耳垢があるからと頻繁に耳掃除を行うと耳の内部が傷つき炎症を起こしてしまう可能性があります。あまりに酷い状態でしたらすぐに病院へ連れて行ってあげてください。耳掃除は週に1〜2回ですが、耳のチェックはできるだけ毎日行ってください。特に垂れ耳の犬種は中で蒸れることが多いので注意が必要です。

必要な道具

耳掃除では主に綿棒、コットン、イヤークリーナーを使います。耳の毛が多い子には耳毛抜きも使います。小型犬の場合は綿棒はベビー用の小さいものを使うと楽かもしれません。イヤークリーナーとはペットの耳の洗浄液のことです。綿棒やコットンに染み込ませて使ったり、耳の中に直接入れて洗浄もできます。耳掃除には欠かせないアイテムです。

耳掃除のやり方

綿棒を使う場合は綿棒にイヤークリーナーを染み込ませ、愛犬の耳を開くように持ち優しく入れます。綿棒を入れる時に愛犬がびっくりしてしまうことがあるので外側からゆっくり入れてください。綿棒を入れたら優しく押します。(イヤークリーナーを染み出させるイメージで)押したらそっと綿棒を引き抜き中の状態を確認します。パッと見て目立つ汚れだけ綿棒で優しく拭き取りましょう。奥まで綿棒を入れないように気をつけてください。

イヤークリーナーを垂らして掃除する場合は、まず耳の中をチェックし異常が無いか確認します。異常が無ければイヤークリーナーを数滴垂らします。その後耳の根元の部分を外側から優しくマッサージしてください。マッサージが終わり手を離すと愛犬がブルブルと頭を振るので、その後に出てきた汚れを優しく拭き取りましょう。もし頭を振らない場合は耳の穴に優しく息を吹きかけると効果的です。

注意点

初めて耳掃除をする方は一度サロンや病院に相談することをお勧めします。必要な道具や方法について詳しく教えてもらえます。耳掃除は慣れが必要な作業ですがある程度勉強してから行えばトラブルを防げます。綿棒を使う時は奥まで入れず、優しくふき取るようにしましょう。ゴシゴシ擦ったり、強く押し付けてしまうと炎症になったり愛犬が嫌がってしまうので優しく行うことを意識してください。また、イヤークリーナーで掃除する場合は液体タイプを選んでください。ゲルタイプだと耳の中に残ってしまう危険性があるためです。

まとめ

耳掃除の参考になりましたか?昔は犬の耳掃除をするなんてありませんでしたが環境の変化や海外の犬種が多く飼われるようになった現在だととても一般的になりました。便利なお掃除グッズもたくさん出ているので挑戦してみるのもいいと思います。少しでも不安があれば無理に自分でやらず、サロンや病院に頼りましょう。高額なわけでも無いので安全に耳掃除をしたいならプロに任せることをオススメします。

コメントは受け付けていません。