愛犬はどのくらい?トリミングに時間がかかる犬種

トリミング時間って結構かかりますよね。小型犬でもかかりますが、体格が大きい子や毛の扱いが難しい子だと更に時間がかかります。今回はそんなトリミングに時間がかかる犬種についてご紹介します。

トリミングに時間がかかる犬種の特徴

トリミングは毛をカットする作業です。しかし、カットだけでなくシャンプーやブローも行うので体格が大きい犬種だとそれだけでも時間がかかります。また、体格に関係なく人が苦手な子や落ち着きがない子でも時間はかかってしまいます。

スタンダードプードル

スタンダードプードルはプードル種の中で最も大きい種類です。そのため一般的に人気のトイ・プードルと比べると日頃の手入れやトリミングもかなり大変です。大型犬の大きさなのでカットのバランスを見るのも難しく、カットするだけでも面積が広いので時間がかかります。トリミング時間は5〜6時間かかることもあるそうです。また、スタンダードプードルは食事や給水も豪快なので顔周りの毛もカットしないとすぐに汚れてしまいます。定期的にトリミングが必要な犬種です。

アメリカン・コッカー・スパニエル

アメリカン・コッカー・スパニエルは小型犬と中型犬の中間ぐらいの大きさですが、毛量がとても多いためトリミング時間がかかる犬種と言われています。トリミング時間は大体3〜4時間です。アメリカン・コッカー・スパニエルの毛はとても毛玉ができやすいので毎日のブラッシングを怠ると更に時間がかかります。この犬種もスタンダードプードル同様に月に1回程度トリミングが必要な犬種です。

ビション・フリーゼ

ビション・フリーゼは真っ白なトイ・プードルのような見た目をした犬です。ふわふわと綿あめのような見た目が人気です。体格は小さいので時間がかからないように思えますが、ビション・フリーゼの被毛はダブルコートでふわふわのため毛の間に抜け毛が絡まり毛玉ができやすい毛質です。ブラッシングを少しでも怠るとあっと言う間に毛玉だらけになってしまいます。またビション・フリーゼは気難しい性格のため一度嫌がると抵抗するためトリミング時間が延びてしまうことがあります。トリミング時間は3時間程度と言われています。

ゴールデンドゥードル

ゴールデンドゥードルとはゴールデンレトリバーとスタンダードプードルのMIX犬です。そのため体格も大きく、毛質も硬めのカールになります。スタンダードプードルでも紹介したように大型犬をトリミングするだけでも時間がかかります。さらにゴールデンドゥードルは飼われている人も少ないためトリマーも初めてで知識が足りない場合が多いです。そのため普段より時間がかかってしまうケースがほとんどです。こちらもトリミング時間は5〜6時間かかります。

まとめ

今回はトリミングに時間がかかる犬種について紹介しました。やはり大型犬は時間がかかりますが、小型犬でも被毛の特徴によって時間がかかってしまう犬種もいます。どんな犬種であれトリミング時間を短くするには飼い主の日々のお手入れにかかっています。毛玉だらけだとそれだけで時間がかかります。愛犬の負担を減らすためにも日々のブラッシングやお手入れは怠らないようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。