愛犬を乾燥から守る!犬の保湿方法

冬はとても乾燥する季節です。寒くてお家の中では一日中エアコンや暖房をつけている方がほとんどだと思います。そんな生活をしていると人間の私たちはすぐに肌が乾燥してしまいますが、実は愛犬達も同じように乾燥しています。乾燥が進むと皮膚トラブルの原因になるので冬は愛犬の乾燥対策が必須となってきます。そこで今回は冬のこの時期に行う愛犬の保湿方法をご紹介します。

犬はなぜ乾燥肌になるのか?

犬は毛に覆われているので人間のように乾燥しにくいのでは?と考える人もいると思います。しかし、実際は犬の肌は薄くてデリケートなのです。毛が外部の刺激を防ぐ役割をしているので犬の皮膚は人間の皮膚の1/3〜1/5の薄さなのです。薄いため乾燥しやすく、引っ掻くとすぐにキズついてしまいます。また、全身を毛で覆われているため初期段階では気づかれにくく、ケアされず乾燥がひどくなってしまうのです。

乾燥肌になる原因

一番の原因は暖房器具を使い続けることです。そのため室内の湿度がどんどん下がっていきます。愛犬がいる部屋には温湿度計を設置して確認したり、加湿器を設置するなどして適切な湿度を保つよう心がけてください。

他にも体質的に乾燥しやすい子であったり、何らかの皮膚病を発症し乾燥肌になっているケースもあります。暖房器具などの環境によるものだけが原因ではないので愛犬がよく体をかいていたり、フケが酷いようでしたら病院で診察することをオススメします。

自宅でできる保湿ケア

自宅でできる保湿ケアは様々です。体の外側からケアするか、内側からケアするかで方法は全く違うので今回はどちらも紹介します。

まず、体の外側からのケアには「犬専用の保湿スプレー」が有効です。犬用保湿スプレーとは名前の通り犬の肌に合わせた化粧水です。使い方は愛犬の乾燥している箇所にスプレーをします。乾燥が酷い場合はコットンに染み込ませパッティングしてください。被毛の乾燥にも使えるので愛犬の毛がパサついていたり、静電気が酷い時などに全身(顔は避ける)にスプレーしてブラッシングすると保湿できます。肉球も乾燥しやすいので肉球専用の保湿クリームを塗るのが効果的です。

内側からのケアはサプリメントや食事によるケアが有効です。犬は毛穴と直結しているアポクリン汗腺・脂線で皮脂を作り、分泌することで自ら肌を守っています。そのため良質なオイルを摂取し、皮脂を作りやすくしてあげることでも乾燥を防ぐことができるのです。オススメなのがオメガ3系脂肪酸・リグナン・食物繊維、必須アミノ酸、ミネラル・植物性タンパク質を豊富に含む健康食品「アマニ」が配合された食品やサプリメントです。被毛や皮膚のコンディションや腸内環境を整え、健全な皮膚細胞を作り出す効果があります。いつものドッグフードにかけて使える粉末タイプのサプリメントも販売されているので手軽にできますよ。

まとめ

乾燥は痒みやフケの原因になるだけでなく多くの皮膚トラブルの原因になります。愛犬のためにも湿度管理や皮膚のチェックはしっかり行うようにしましょう。今回ご紹介したように手軽にできる保湿ケアはたくさんあります。愛犬の乾燥肌が悪化する前に保湿ケアを行えば愛犬を病気から守ってあげれます。

コメントは受け付けていません。