ペットトリマーになるための専門学校や通信講座の選び方

ペット好きな方なら誰もが一度は憧れた事がある職業といえばペットトリマーです。専門学校の軒数も多く、中には高校在学中に資格取得が出来る学校もあります。

憧れの職業ペットトリマーについてご説明させていただきます。

人気の職業ペットトリマーとは

ペットトリマーとは、ペットとして飼育されている犬猫のお手入れをする仕事をさします。

お手入れと言っても、家庭ではできない、難しい高度な技術の提供がペットトリマーの役割です。

例えばトイプードルをテディベア風にカットをしたり、ポメラニアンを柴犬風にカットをしたり、長毛種の猫を短く切り揃えたりという特殊な技術が求められています。

中には、家庭では暴れてしまい手に負えないという理由から、ペットトリマーの元へ足を運ぶ飼い主もいます。

この仕事は、単にペットと触れ合える、過ごせるという面だけでなく、どのような性格、サイズ、犬種、猫種のペットであっても安全かつ高度な技術をもってお手入れを行う事が求められる非常に専門性の高い職業です。

ペットトリマーになるには?

ペットトリマーの資格は、現在すべて民間団体の認定資格です。就職、開業にあたって取得が必須となる資格はありません。

ただ技術職の世界ですから、基本的な用具の使い方、専門用語、カット技術の習得は就職、開業にあたって必須条件となります。

このような知識、経験を積むためには

〇専門学校へ進学をする

〇通信講座を受講する

〇プロの店で見習いとして仕事をしながら、技術を習得する

という方法があります。

専門学校は、高校卒業後に入学をし、2年間の在学期間のある学校から、夜間、休日に限定し授業を行う学校、年に数回の実技講習以外は自宅学習と様々なスタイルがあります。

その為、社会人からの転職や子育てを終えた主婦の方がトリマーとして就職、開業をするケースも少なくありません。

個人で開業をする場合、小規模、自宅開業の場合でも開業前に自治体に届け出をし、開業許可を取得する必要があります。

自宅開業の場合、自宅浴室をシャンプースペースとして活用出来るので、開業時の出費は

〇トリミングテーブル

〇ハンドドライヤー

〇ハサミ

〇シャンプーなどの消耗品

で済み、5~10万円程で開業が可能です。

美容師からの転職も可能?

ペットトリマーによく似た職業で人間の美容師があります。中にはペット好きが講じてペットトリマーへの転職を考える方も少なくありません。

ペットトリマーとしての開業、就職に必須となる資格はありませんので、実技が伴えばすぐにでも転職が可能です。

美容師とペットトリマーの大きな違いは、使用するハサミの形状、サイズと被毛をカットする際の手順です。

実は、ペットの被毛は人間の髪の毛よりも太く、しっかりとしています。その為、ハサミの消耗も激しく、美容師用のハサミより大きく頑丈な物を使用します。美容師からの転職の場合、この大きなハサミを使いこなすことから始める必要があります。またペットはたとえカットの最中であっても、予期せぬタイミングで動き周り危険な思いをする事もあります。このような不意の動きに慣れることも経験がなせる業です。転職を考える場合は、ぜひ短期通学制の専門学校もしくは見習い期間を設けるとよいでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA