放っておくと歯周病に!犬の歯磨きの必要性と正しい磨き方

皆さんは愛犬に歯磨きをしてあげているでしょうか。犬に歯磨きが必要なのか疑問に思われるかもしれませんが、犬も歯垢が溜まり放っておくと口のトラブルに発展します。そこで犬に歯磨きが必要な理由と正しい歯の磨き方についてご紹介したいと思います。

犬に歯磨きが必要な理由

犬も食事をすると口内に歯垢が溜まります。歯垢を放置していると歯石へと変化し歯周病を発症する場合があります。犬の歯磨きをする理由は虫歯予防ではなくこの歯周病を防ぐためです。歯周病になってしまうと歯が抜けたり、歯周病菌が歯茎の組織を傷つけ血管から心臓などの臓器へ移動し、内臓疾患を併発する恐れもあります。このような事態になってしまう前に、歯磨きをして歯周病を予防してあげましょう。

犬の歯の磨き方

犬用歯ブラシを用いて前歯の外側から磨きましょう。あまり力を入れずに優しく磨くことがポイントです。前歯を磨いたら徐々に奥歯の方を磨きます。奥歯もまずは外側から磨き犬を歯磨きに慣れさせましょう。歯の外側を磨くことができたら内側も磨きます。歯磨きはあまり時間をかけないようにすることが大切です。時間をかけすぎると犬にとって歯磨きがストレスになり、歯磨きを嫌がるようになってしまいます。また、色々な味の犬用歯磨き粉も市販されているので、歯ブラシを嫌がるようなら使用してみてもよいでしょう。

歯磨きを嫌がる場合の対処法 口を触られることに慣れさせる

マズルを触られること自体を嫌がる場合は、触られることに慣れさせることから始めます。普段のコミュニケーションの最中に口に触れる機会を増やし、徐々にその時間を長くしていきます。マズルを触らせてくれた時におやつなどをあげて褒めることを忘れないでください。犬にとってマズルを触られることは楽しいことであると認識させることが重要です。マズルを触られることに抵抗を示さなくなったら、次は歯に触られることに慣れさせます。前歯や犬歯など触りやすい部位から慣れさせていき、最終目標は奥歯を触られることに対する抵抗感をなくすことです。歯の場合もマズルと同様に、おやつなどを用意して褒めながら行うと効果的です。

歯磨きを嫌がる場合の対処法 ガーゼで歯を磨く

愛犬の歯を触っても嫌がらなくなったら、ガーゼを用いての歯磨きに挑戦してみましょう。ガーゼを指に巻き付けて歯を軽くこするようにして磨きます。この方法は飼い主の指の感触が得られるので、受け入れられる犬も多いのです。ガーゼで磨く時も、最初は前歯の外側から磨き徐々に奥歯を磨いていきます。外側を磨かれることに慣れさせたら内側も磨きましょう。また、指でこすって磨くための歯磨きシートが市販されています。歯磨きシートを用いたケアでも十分な効果が見込めるので、歯ブラシが苦手で愛犬がどうしても嫌がってしまう場合にお勧めです。

歯磨きを嫌がる場合の対処法 歯磨きグッズの使用

上記の方法で慣れさせようとしてもどうしても嫌がってしまう時は、歯磨き効果があるガムやおもちゃの使用をお勧めします。これらのグッズは噛むことで歯垢を落とせるような構造をしているので、愛犬が噛んで遊んでいるだけで歯磨きが可能です。しかし、ガムやおもちゃだけでは歯と歯の間など細かい部分の歯垢を落としきれません。自宅でのケアが難しい場合は、ペットサロンや動物病院で歯垢や歯石を落としてもらいましょう。

まとめ

最後に歯磨きの頻度ですが、毎日行うことが理想的です。なぜなら、犬の歯垢は数日で歯石に変化してしまい、歯石になると落としにくくなるからです。毎日行うことが不可能な場合は少なくとも2、3日おきには歯磨きをしてあげてください。愛犬の健康のために長い目で見て、根気強く歯磨きに慣れさせていくことが重要です。

コメントは受け付けていません。