日々のお手入れで健康に、ブラッシングの手順とコツを紹介

ブラッシングは皮膚病の早期発見やノミ・ダニの予防など、様々な効能が期待できる大切なお手入れの1つです。自宅で日常的にできるケアで、健康に対する寄与が大きいのですが、うまくできないとブラッシングを嫌がるようになってしまいます。そこで今回はブラッシングの手順とコツについてご紹介しましょう。

ブラッシングに必要な道具

ブラッシングに使う道具は、スリッカー・ピンブラシ・ラバーブラシ・獣毛ブラシ・コーム・スクラッチャーです。すべてを揃える必要はありませんが、少なくともスリッカーとコームは用意しましょう。スリッカーは、固く鋭利なピンがたくさんついたブラシの一種で、抜け毛の除去やもつれを解消するために最適です。ピンブラシは、先端が球状になったピンがゴム製の台座に付いたブラシで、ピンが長いので長毛種のブラッシングに向きます。ラバーブラシはブラシ部分もゴム製で、抜け毛やほこりをゴムが吸着することで除去します。ブラッシングすることでマッサージ効果も得られ、短毛種のお手入れに向く点が特徴です。獣毛ブラシは豚や馬などの毛で作成されたブラシで、仕上げに毛ツヤを出したいときにオイルを馴染ませて使用します。コームは犬用の櫛で、目の粗い部分と目の細かい部分が左右で分かれているタイプを選ぶと便利です。スクラッチャーは熊手のような形状をしたブラシの一種で、抜け落ちたアンダーコートを除去するのに適しています。

長毛種のブラッシング法

まずはピンブラシを用いて毛並みに沿ってブラッシングします。この時、引っ掛かりを感じたらもつれや毛玉がある証拠です。もつれや毛玉を解消するにはスリッカーを使いましょう。毛先の方からスリッカーを入れ、少しずつ被毛をすいていきます。毛の根元の方を持ちながら行うと皮膚を引っ張ってしまうのを防ぐことが可能です。毛玉を発見したときは、手でもみほぐしてからスリッカーを通すと解きやすくなります。最後にコームを通して、毛玉やもつれがないか確認するとともに毛並みを整えます。被毛がパサついているようなら、仕上げに犬用のオイルを馴染ませた獣毛ブラシでブラッシングしましょう。

短毛種のブラッシング法

短毛種のブラッシングにはラバーブラシを用います。毛足の短い短毛種にスリッカーを使用すると、鋭利なピンで愛犬の皮膚を傷つけてしまう場合があるからです。ラバーブラシを使って長毛種と同様、毛並みに沿ってブラッシングし、抜け毛を取り除きます。また、仕上げには体を蒸しタオルで拭いてあげると、皮膚の汚れも落とせるのでお勧めです。

ワイヤー種のブラッシング法

ワイヤー種のブラッシングにはスリッカーの使用が適しています。抜け毛やほこりなどをスリッカーで取り除いたのちに、コームで毛並みを整え仕上げます。換毛期にアンダーコートが大量に抜け落ちるときは、スクラッチャーやラバーブラシの使用もお勧めです。スリッカー使用時は愛犬の皮膚を傷つけないように注意してください。力加減が分からない場合は、ご自身の肌に当てて試してみるとよいでしょう。

ブラッシングのコツと注意点

ブラッシングのコツは力を入れすぎないことです。もつれや毛玉とともに皮膚を引っ張ってしまうと愛犬に痛みを与え、ブラッシングを嫌がるようになってしまいます。また、背中や前胸部など骨がある部分にブラシが強く当たることも嫌う犬が多いです。ブラッシング前に愛犬の体をなでてあげて骨がある部分を確認しておき、ブラッシングをする際はソフトにブラシを当てるようにしましょう。加えて、耳や足の付け根は皮膚が薄くデリケートなので、スリッカーを使用するときはピンが当たらないように注意してください。犬の骨格は足を横に広げる動きは不利な形状なので、足を持ち上げる必要があるときは、前もしくは後ろへ動かすようにしましょう。

まとめ

ブラッシングは愛犬の健康管理だけでなく、コミュニケーションツールにもなります。上手にブラッシングすることができれば愛犬は喜んでくれますので、ぜひとも正しいブラッシングの方法を身に着けてください。