最近増えてる?!トリマー留学の魅力

皆さん「トリマー留学」をご存知ですか?トリマー留学では海外でトリミングの技術を学びます。何でわざわざ海外でトリミングの勉強をするの?と思う方も多いと思います。あまり知られていませんがトリマー留学にはメリットがかなりあります。そこで今回はトリマー留学の魅力をご紹介します。

魅力1:短期間で技術を習得できる

日本の専門学校だと最短でも2年は必要です。しかし、海外(主にカナダ、アメリカ、オーストラリア)では1年以内でトリミング技術を習得できます。そのため、海外留学でも費用の負担はそれほど大きくありません。日本で勉強してトリマーになり、留学して海外の技術を学ぶ人もいます。2年間じっくり学ぶより短期間でトリマーライセンスを取得したい方にはオススメです。英語のスキルも求められるのがデメリットですが、その問題をカバーした留学プランも用意されているので、気になる方は調べてみてくださいね。

魅力2:日本には無い技術や経験に出会える

実は海外より日本の方がトリミング技術が優れています。日本のトリミング技術はとても繊細で1mmのズレも許されません。そのため海外でライセンスを習得して日本で活躍しようとなると技術が評価されないかもしれません。しかし、海外には日本には無い技術があります。スピードグルーミングと呼ばれるペットにもトリマーにも負担が少ないトリミング技術です。他にもトレーニング技術やペットのストレスレベルの判断など高度な技術を学べます。

トリミング技術以外にも留学をすると日本以外の異文化に触れることができます。海外では自己主張ができないとコミュニケーションが上手くできません。現地の人と交流するだけでも刺激を受けたり価値観が変わるきっかけになりとても楽しいですよ。

魅力3:海外で働きやすくなる

トリマー留学をすると海外の技術と英語を学べるため海外で働くハードルがグッと下がります。留学終了後、ワーキングホリデーでそのまま働く人も多くいます。日本を離れ、海外でトリマーをする理由は日本より環境が良く、長く仕事を続けられるからです。

まず海外で働くことのメリットは給料です。日本ではトリマーの給料は安いと言われていますが、海外ではトリマーの需要がとても高く、高収入です。また、海外ではペットのしつけをしっかりすることを義務付けられているので大人しいペットがほとんどです。日本ではペットに噛まれて怪我をすることがよくありますが、海外ではあまりありません。他にも、日本では業務の関係上、腰痛や腕を痛めるトリマーが多いですが海外ではスピードグルーミングなどを用いているので負担なく楽しく働いている方がほとんどです。50代でも働き続けている人もいるので海外ではトリマーは長く続けられる職業なのです。

まとめ

最近はトリマー留学の人気が高まってきています。昔と違い英語が得意な人が増え、海外で活躍する日本人トリマーが増えたからだと思います。トリマー留学を斡旋する会社もありますし、ネットなどで検索すると留学中や海外で働いている日本人トリマーのブログもあるので参考にしてみてください。海外、トリマーどちらも憧れている方にトリマー留学はオススメです!トリマーのとしての幅も可能性も広がるので検討してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。