犬のトリミングショップの理想的な利用頻度

トリマー 資格

トリミングショップの利用頻度の目安は1~1.5か月の一度です。この頻度をトリマーが推奨する理由を正しく理解し、お客様にも適切な説明をすることが必要です。
定期的な利用は毛玉やもつれの予防にもつながり、追加料金の発生を防ぐことも出来ます。営利だけでなく、飼い主にもメリットがあることを伝えます。

定期的なトリミングで皮膚、被毛を良好に保つ

実は犬の皮膚は人間の赤ちゃんよりも薄く、被毛は人間よりもデリケートにできています。そのため日々の生活で様々なダメージを受けやすく、こまめなお手入れがかかせません。

例えば家庭で定期的にブラッシングを行っている場合でも、気が付くと体の同じ部分にだけいつもブラシが行き届いていないことがあります。

抜け残った被毛が体についていることで皮膚や被毛の通気性は悪化し、皮膚トラブルを招きます。

そのため定期的にトリミングサービスを利用することで、プロのシャンプー技術と高風圧なドライヤーで皮膚、被毛についた抜け毛や汚れをスッキリと取り除く必要があります。一見汚れていないようにみえる場合でも、犬の皮膚、被毛には様々な汚れがつき、不衛生な状態にあることを理解することも大切なことです。

過度なトリミングは皮膚の乾燥を招くので危険

犬の健康のためにとトリミングの回数を増やすことが必ずしも健康につうながりません。犬の皮膚には通常一定数の皮脂があり、うるおいを保っています。あまりに頻繁にシャンプーをすると、この本来あるべき皮脂までも洗い流されてしまい、乾燥肌やひび割れ、アカギレが出来ます。乾燥肌は悪化すると痒みやアレルギーを引き起こす危険性があり大変深刻です。

この問題を回避するためには以下の点に注意します。

・シャンプーの頻度は月に一度、もしくは一カ月半に一度に抑える

・シャンプーは低刺激で安全性の高い製品を使用する

・シャワーの湯温は37~38°程度のぬるま湯にする

・シャンプー、ドライヤーは出来る限り短時間で終える

高齢になると犬も人間同様に皮膚の水分保持機能が低下します。若く健康な頃と同じ頻度でシャンプーを行うと、乾燥肌やかゆみを引き起こします。そのような場合はシャンプーの頻度を下げ、皮膚にある程度の皮脂が残留するよう調整します。

トリミング利用は病気の早期発見にもつながる

トリミングを定期的に利用することは単にお洒落、衛生管理という意味だけでなく、病気の早期発見という効果もあります。

日ごろペットに触れる場合、背中や頭など無意識に同じ箇所ばかり触りがちです。しかしトリマーは作業工程で体の隅々まで触り、被毛の根本、皮膚そのものにまで目を配ります。この作業のおかけで些細な変化や異常を早期発見することができます。

半年、一年と利用頻度が下がってしまうと、プロによる健康チェックの頻度も下がるので、定期的な利用にこそ意味があります。

まとめ

トリミングを利用する頻度は月に一度もしくは一月半に一度が理想的です。ただし高齢になった場合はそれぞれの体調、体質に合わせて利用頻度を見直します。トリミングには単にお洒落という意味だけではなく、健康チェックの意味もあるので定期的な利用が健康管理につながります。