犬の毛ぶきが悪くなる原因と対策、トリミング時の注意点

愛犬の毛量がほかの犬と比較して少ないことで悩んでいる飼い主さんもいるのではないでしょうか。そこで犬の毛ぶきが悪くなる原因と自宅でできるケア、トリミング時の注意点についてご紹介します。

毛ぶきが悪くなる原因 遺伝・皮膚病

犬の毛ぶきが悪くなる原因としては、遺伝・皮膚病・ホルモンバランスの乱れ・過度なブラッシングなどが挙げられます。犬の場合も両親のどちらかが毛量が少ないと、その子供も毛量が少なくなることがあります。遺伝が原因の場合は対処が非常に難しいです。皮膚病で多いのは、疥癬症と脂漏症です。疥癬症は「ヒゼンダニ」というダニの一種に寄生されることで発症し、非常に強いかゆみをともないます。犬が全身を掻きむしってしまい、毛が抜け落ちてしまうのです。脂漏症は「マラセチア」という細菌が異常繁殖することで発症し、特徴としては皮膚や被毛が皮脂でべたつきフケが増加します。こちらもかゆみをともなうので犬が体を掻きむしり、毛が抜け落ちてしまいます。皮膚病の場合は原因が特定できれば、適切な治療を受けることで毛が元に戻るので、異常を感じたら早めに動物病院で診てもらいましょう。

毛ぶきが悪くなる原因 ホルモンバランス・過度なブラッシング

ホルモンバランスが乱れることによる脱毛症もあり、原因としては加齢によるものや去勢手術・避妊手術によるもの、甲状腺や副腎皮質など内分泌系の異常が知られています。また、過度なブラッシングによって毛ぶきが悪くなる場合もあり、このケースは特に長毛種で散見されます。長毛種の被毛は絡まりやすく毛玉になりがちです。よって、ペットショップなどで毎日のブラッシングを推奨されると思いますが、正しいブラッシング法ができていないと薄毛につながります。なぜなら、無理に力をかけて毛が途中で切れてしまったり、毛玉やもつれとともに毛を引っ張り抜け毛を作ってしまうからです。

自宅でできるケア

まず、皮膚病が疑われる場合は、すぐさま動物病院で診てもらい獣医師の指示の下、適切に薬を与えるようにしてください。皮膚病の中には完治に時間がかかるものもあるので、根気よく治療を続けることが大切です。次に、ホルモンバランスの乱れは愛犬に合ったドッグフードを与えることや、適度に運動をさせてストレスをため込まないようにすることで改善が期待できます。内分泌系の異常といった病気が原因であれば、動物病院で治療が可能です。また、ブラッシング方法の見直しをしてみましょう。ブラッシングの頻度を低くしてみて毛量が戻るようであれば、ブラッシングの方法が間違っていることの証明になります。頻度や手順など愛犬に合った方法を模索してみてください。

トリミング時の注意点

毛ぶきが悪い犬にはトリミング時にバリカンの使用は避けた方がよいでしょう。バリカンで毛を刈れば時間短縮になり愛犬の負担を軽減できますが、毛ぶきが悪い場合毛を短くすると地肌が露出する場合があります。そのため、ハサミで少しずつ全体のバランスを見ながら毛をカットしてもらう方が薄毛を目立たなく仕上げることが可能です。店舗によってはトリミング前にカウンセリングを行い個々の犬に合ったトリミングプランを提案してくれるので、そういったお店を利用することも視野に入れるとよいでしょう。

まとめ

以上、犬の毛ぶきが悪くなる原因と対処法、そしてトリミング時の注意点についてご紹介しました。遺伝など対処がほぼ不可能な原因もありますが、場合によっては薄毛を克服することが可能です。ぜひとも原因を特定し、適切な処置をしてあげてください。