犬の毛玉にご用心!毛玉の危険性と対処法について

皆さんの愛犬には毛玉ができていませんか。たかが毛玉と侮っていると思わぬトラブルに見舞われることがあります。ここでは毛玉ができることによる健康上のリスクや原因、対処法についてご紹介したいと思います。

毛玉の危険性

犬に毛玉ができてしまうと、最初は小さかった毛玉が周囲の毛を巻き込んで大きくなり、深刻化するとフェルトのような毛の塊ができてしまいます。ここまで進展してしまうとバリカンで毛を根こそぎ刈る必要があるので、見た目が悪くなります。また、毛玉の影響は見た目だけではありません。毛玉ができると毛に皮膚が引っ張られてしまい、犬は痛みを感じますし皮膚が炎症を起こしてしまいます。さらに、毛玉の周囲は汚れが溜まりやすくなり通気性も悪化。不衛生になるだけでなく被毛内が蒸れてしまい細菌の繁殖が活発化し、炎症を起こした皮膚に感染して皮膚病を発症するリスクが高まります。以上の理由から、愛犬の健康維持のために毛玉はしっかりとケアしなければなりません。

毛玉ができる原因

毛玉ができる主な原因としては、毛が擦れることやブラッシング不足、シャンプー後の乾燥不足などが挙げられます。毛玉ができやすい部位は、首回り・胸部・腹部・両足の付け根です。いずれも首輪や日常の動作の中で擦れやすい場所なので、毛が接触し絡まりやすいのです。毛が絡まったとしても、ブラッシングをすれば毛玉になる前に絡まりを解消できます。特に長毛種は毛が絡まりやすいので、小まめなブラッシングが必要不可欠です。また、シャンプー後の乾燥が足りない時も、湿った毛同士が接触しやすくなるので毛玉の原因となります。ドライヤーを当てるときはコームなどを用いて毛をかき分けながら、根元から乾かすようにするとよいでしょう。

毛玉の解き方

毛玉ができてしまったときは毛玉を解く必要があります。毛玉の解消にはスリッカーブラシを用いるのが最適です。方法としては、毛の根元を持ちスリッカーブラシを毛先から徐々に入れて梳いていきます。根元からスリッカーブラシを入れてしまうと毛玉ごと皮膚を引っ張ってしまい、愛犬に痛みを与えることになるので注意してください。毛玉が固い場合は、指でつぶすようにもみ込んでから毛玉の中心にスリッカーブラシのピンを入れます。これらの方法でも解消できないような毛玉ができてしまったときは、無理せずペットサロンなどでトリミングを依頼しましょう。無理をして愛犬に嫌な思いをさせてしまうと、ブラッシング自体に拒否感を持ち毛玉の予防が難しくなってしまいます。

特に注意が必要な犬種

毛玉ができやすい犬種はトリミング犬種と呼ばれる被毛が伸び続ける犬種や長毛種です。例えば、プードル種・マルチーズ・ポメラニアン・ヨークシャーテリアなどは特に注意が必要です。その他にも、アメリカンコッカースパニエルやミニチュアダックスフンドは、飾り毛が毛玉になりやすいので飾り毛の部分を短くカットしたり入念にブラッシングするなど、対策をしてあげた方がよいでしょう。また、短毛種でも換毛期にはアンダーコートが大量に抜けるので、その時は小まめにブラッシングをしてあげてください。

まとめ

毛玉は犬にとって健康を脅かすもので、放っておいてよいものではありません。特に長毛種にとってブラッシングは必要不可欠です。愛犬とのコミュニケーションにもなるので小まめにブラッシングをして愛犬の健康を管理してあげてください。

コメントは受け付けていません。