猫にも爪切りは必要?事故や病気の低減に、猫の爪切りの仕方

猫は自分で爪とぎをするので、爪切りは必要ないとお考えの方もいると思います。しかし、特に家猫では爪切りをしないことで思わぬ事故や病気を招くことがあります。ここでは家猫に爪切りが必要な理由とその手順をご紹介しましょう。

猫の爪切りが必要な理由

猫の爪は多層構造をしており、外側の古い層の爪が剥がれ落ちることで内側にある新しい層が露出し、鋭さを保っています。古い層の爪を削ぎ落して爪の鋭利さを保とうとする本能的な行動が爪とぎをする理由の一つです。しかし、老猫など猫の爪とぎの頻度が少なくなると古い層が残りやすくなり、爪が太く巻き爪に変化してしまいます。すると、肉球に爪が刺さってしまい歩行などに問題が出て怪我の原因になったり、傷口から細菌感染を引き起こして病気になることもあります。また、鋭利な爪を放置しておくとカーテンなどに引っかかった時に爪を折ってしまう場合もあり、その際に爪が死んでしまうと爪を取り除く処置を施さなくてはなりません。

猫の爪切りに必要な道具

爪切りに必要な道具は猫用の爪切りです。爪切りには主にギロチンタイプとハサミタイプの2種があります。ギロチンタイプは爪切りの刃と刃の間に爪を通してスライドさせて切るタイプの爪切りで、力が入れやすいので爪が長い成猫や初心者の方にお勧めです。ハサミタイプは両側から挟んでせん断するので、ギロチンタイプでは爪を通しにくい巻き爪や、爪が小さく短い子猫に向いています。また、万一血管を切ってしまった場合に止血剤とガーゼのような清潔な布を用意しておくとよいでしょう。

猫の爪切りの仕方

まずは猫をリラックスさせながら抱きかかえます。抱かれることを嫌がるようなときは爪切りを見送り、猫の機嫌がよくなるのを待ちましょう。爪切りを見て怖がるようでしたら猫の視界に爪切りが入らないようにします。一人で猫の顔をそらすことが難しい時は誰かに猫の注意を引いてもらいましょう。次に、猫の手を持ち肉球を軽く押さえて爪を押し出します。猫は強く触られることを嫌う子が多いので優しく爪を押し出してください。爪を押し出したら爪切りを使って切りますが、この時に血管まで切らないよう注意が必要です。猫の爪の根元に赤色~ピンク色に見える部分がありますが、そこは血管なので切ってしまうと出血します。もし、出血したときはペット用の止血剤をガーゼなど清潔な布に適量付着させ、出血している爪先を押さえれば止血が可能です。

猫の爪切りの注意点

注意点としては爪切りに時間がかからないようにしてください。じっとしていることに飽きてしまうと暴れ始めてしまいます。一度にすべての爪を切ろうとはせずに、最初から数日に分けるつもりで爪切りを行うのがよいでしょう。また、猫が爪切りを嫌がるようなしぐさを見せたらすぐに中断してください。猫が爪切りを嫌なことと認識してしまうと次回以降、爪切りの難易度はより難しいものとなります。家庭での爪切りが難しいと感じたら、動物病院やペットサロンなどでプロにお任せしましょう。

まとめ

家猫の場合は爪を切ってあげた方が安全で健康的に過ごすことができます。お子さんがいるご家庭などは猫の爪を切ることで家族が引っ掻かれることでの怪我の防止にもつながるので、子猫の頃から爪切りを習慣づけておくとよいでしょう。