猫のトリミングはハサミではなくバリカンを利用する訳

シャンプー

猫は大変きれい好きな動物で自ら毛づくろいをするので、飼い主がブラシをかけたり、シャンプーをする必要がありません。しかしどんなにきれい好きな猫、完全室内飼いの猫であっても中には毛玉が出来てしまう、被毛がもつれてしまう、トイレで汚れてしまうということもあります。
猫のトリミングには犬とは別の注意事項があることをしっかりと理解し細心の注意を払い作業をします。

作業はハサミではなくバリカンが原則

トリミングと言えばハサミを器用に操り、繊細なカットを施す作業ですが、猫のトリミングを行う場合は基本的にハサミを利用せずにバリカンで全工程を完了させます。

理由は猫の特徴的な皮膚にあります。猫の皮膚は非常に伸縮性が高く、まるで風船の様にピンと張り詰めています。この皮膚にほんのわずかでもハサミで傷をつけてしまうと、まるで風船がしぼむかの様に急速に収縮します。そのため傷口が一気に拡大し、大怪我につながります。

怪我を防ぐためにはハサミよりも刃先が小さなバリカンを使うことで作業中に皮膚を傷つけるリスクを回避します。

猫の中にはバリカンの稼働音や金属の感触、熱伝導を警戒し、嫌がることあります。この場合、無理に作業を進めることで怪我をさせてしまう危険があるので、様子を確認しつつ丁寧に作業を進めてゆきます。

作業は2人体制で行う

借りてきた猫という言葉があるように、猫はトリミングテーブルの上では微動だにしないほどに大人しく、うずくまっていることがあります。

この様子を見る限り、作業は簡単に済むのではないか、決して脱走などしないのではないかと考えてしまうのも無理はありません。しかし猫はトリマーのこのような一瞬の隙を決して見逃しません。常に様子を伺い、脱走するタイミングを考えています。

猫と接する時に油断をしていると、思わぬタイミングで猫が暴れ出し大事故に発展することもあるので、作業は必ず2名体制で行います。その際に1名は猫の補綴係に徹します。両手、両足をしっかりと補綴し、作業が安全に進むよう猫を固定します。もう1名はバリカンで手際よく作業を進めることに集中します。もし猫が暴れる場合はエリザベスカラーを利用し視界を遮ると大人しくなることもあります。

作業中は猫を過度に興奮させない

猫の中には他人に押さえつけられること、トリミングをされることを過度に嫌がる性格もいます。この場合、シャーシャーと威嚇する声を上げ、全身の被毛を逆立てています。

飼い主から依頼され、トリミングを請け負った場合でも猫がこのような状態にある場合は作業を中断、見送る判断も必要です。

猫は一旦このような状態になると、簡単には機嫌を直し、作業を受け入れてはくれません。作業を続行することでさらに追い詰めてしまい反撃をする、脱走をする、噛みつくという問題にも発展します。中には過度に興奮しすぎてしまい鼻血を出したり、血圧が上がってしまうケースもあります。

まとめ

猫のトリミングはその外見のイメージに油断をしがちですが、決して安易に考えず細心の注意を払い取り組むことが必要です。はじめての来店の場合は爪切りのみ、シャンプーのみで完了とし猫の様子を見極めます。次回以降来店時にカットが出来るかどうかを検討します。長毛種の場合は自宅でブラッシングが済まされていると作業による負担軽減につながります。