老犬に負担をかけずにトリミングを行う方法

老犬にとってトリミングは心身ともにストレスがかかります。中にはトリミングをおこなった日は疲れ切ってしまい食欲も減退してしまうという事があるほどです。老犬には出来る限り負担をかけずにトリミングを行うために時間を短縮することや湯温を高くしすぎないことが基本です。

ここでは老犬のトリミング時間短縮に役立つ方法を説明します。

抜け毛はシャンプー前に取り除いておく

老犬をトリミングする際は体をシャワーで濡らす前に丁寧にブラッシングを行います。この段階で取り除くことの出来る抜け毛、もつれ、汚れは出来る限り除去しておきます。短く被毛をカットする予定の場合はバリカンで切り落とすべく部分を荒めに切りそろえておきます。シャンプーやドライヤー時間の短縮につながり、犬への負担を軽減出来ます。

シャンプーは低刺激な製品を選ぶ

高齢になると犬も皮膚に様々なトラブルを抱えます。皮膚が過度に乾燥すると外部からの刺激を受けやすくなります。そのうえ強いかゆみを伴い犬自身が掻き壊してしまうこともあり、かゆみを伴う乾燥肌は深刻な問題です。

シャンプーはこれらの症状の悪化を予防するために出来る限り低刺激な製品を選びます。高齢な犬には洗浄力の高さより品質の良さ、安全性を重視してシャンプー剤を選びます。

すでに深刻な症状がある場合や乾燥に悩んでいる場合は保湿効果のある製品や温泉成分を配合した製品、漢方成分を配合した製品などがおすすめです。

シャンプー後はすすぎ残しの無いように丁寧にすすぎます。短時間作業を目指すあまりにすすぎ残してしまっては逆効果で、残留した成分が皮膚にダメージを与えます。

シャワーはぬるめの設定で行います。風邪をひかせないようにとあえて高い温度でシャワーをすると皮脂を過剰に洗い流してしまい乾燥を招きます。

ドライヤーは高風量で短時間に終了する

ドライヤーを利用する前に十分にタオルで水分を取り除きます。この時、高吸水性のタオルを使用するとより短時間で作業を終えることが出来ます。タオルドライをする際は背中部分だけではなくお腹や喉元、足先、お先までしっかりと水分を取り除きます。犬が身震いをした時に水しぶきが飛ばない程度までタオルで水分を取り除くことが出来ていればその後のドライヤー時間の短縮につながります。大型犬や毛量の多い犬種はドライヤー中も体をバスタオルでくるんでおくと体温低下を防ぐことが出来ます。乾燥指せる部分だけを徐々にタオルから出し、作業します。

ハンドドライヤーを購入する際はは吸気口が両側についている製品がおすすめです。小型犬であれば家庭用ドライヤーでも十分に乾燥を終えることが出来ますが、中型以上の場合、家庭用ドライヤーでは時間が長くかかります。出来る限り効率的に終えるためには美容師が利用するプロ仕様の製品を購入しておくことをお勧めします。家庭用に比べ風量が多いので短時間でおえることが出来ます。

まとめ

老犬にとってトリミングは想像以上に負担がかかります。万が一トリミング後に異常や体調不良が見られる場合は早急に動物病院を受診します。早急な受診が難しい場合には涼しい場所で安静に休ませることも応急処置として覚えておくべき方法の1つです。

コメントは受け付けていません。