自宅でお手入れ完了のトリミングが必要ない犬種

一般的にトリミングショップでシャンプーコースを利用した場合は5000円前後、カットコースを利用した場合は10000円前後が相場です。

この費用を毎月捻出すると考えると家計には大きな負担です。共働きや育児などで多忙な中で、休日にトリミングショップへ来店するための時間を割くことも飼い主は負担に感じます。

このような声を受け、トリミングが必要のない犬種、家庭でのお手入れだけで完了出来る犬種の人気が高まっています。プードルなどのカットが必要な犬種でもシャンプーだけなら自宅で済ませるという家庭も増えています。

トリミングが必要のないものの飾り毛はある犬種

トリミングが必要ないものの、ある程度の見栄えの良さ、華やかさをもっていて欲しいという方に人気の犬種が下記です。

・ロングヘアードダックス

・パピヨン

・チワワ

・キャバリア

・シェルティ

・ボーダーコリー

・柴

・ゴールデンレトリバー

これらの犬種は一定の長さで被毛が自然と生え変わるので、定期的なカットが必要ありません。毎月のお手入れは自宅の浴室でシャンプーをするだけで十分です。

飾り毛があるので定期的なブラッシングが必要にはなるもののさほど時間をかけずにい終えることが出来ます。

春と秋の換毛期と呼ばれる時期だけは日ごろのよりも抜け毛の量が数倍に増加するので念入りなブラッシングが必要です。

トリミングの必要のないスムースコートの犬種

ブラッシングの手間を省きたい、シャンプーも出来ればせずにすませたいという場合はスムースコートと呼ばれる短い被毛を持つ犬種がおすすめです。

・ミニチュアピンシャー

・イタリアングレーハウンド

・スムースコートダックス

・スムースチワワ

・フレンチブルドッグ

・ビーグル

・ラブラドールレトリバー

これらの犬種は被毛が短いのであって、毛が抜けない、抜け毛の量が少ない訳ではありません。長毛の犬種に比べ抜け毛が目につきにくいものの、短く尖った抜け毛は洋服や寝具、カーペットに突き刺さります。

日々のお手入れは特に必要ありませんが、加齢や季節によって皮膚の乾燥が目立ち、フケが目立つ場合には保湿などのお手入れをします

家庭で定期的に行うべきお手入れ

トリミングショップを利用せずに自宅でお手入れを済ませる場合、シャンプとを合わせて下記のお手入れも必要です。

・爪きり

・肛門腺絞り

・耳掃除

・足裏、足回りの被毛のカット

・歯磨き

いずれも毎月欠かさずに行います。お手入れの内容によっては犬が嫌がり、自宅では完了できない場合もあります。自宅で完了できない場合はトリミングショップや動物病院を利用し、部分お手入れとして依頼します。この場合の料金は500~1000円ととても手軽です。

お手入れを怠ると巻き爪や肛門腺の破裂、外耳炎、歯周病や虫歯などのトラブルにつながります。足裏の被毛は伸び、足裏にかかると肉球が滑り止めの役目を果たせずに思わぬ怪我につながります。

まとめ

近年、自宅でお手入れを完了させる方が増える傾向にあります。シャンプーやトリミング用品も家庭向け製品が多数発売されています。トリミングは単なるお洒落ではなく犬の健康管理にもかかせません。健康維持のために必要な項目があることを理解し、飼い主への周知も心掛けます。