自宅でできる、ポメラニアンのセルフトリミング法

ポメラニアンはグルーミング犬種なので、必要な道具さえそろえれば家庭でも基本的なトリミングが可能です。ここではトリミング代を節約したいポメラニアンの飼い主さんのために、自宅でできるポメラニアンのトリミング法をご紹介したいと思います。

ポメラニアンは部分トリミングで十分

ポメラニアンはプードル種のようなトリミング犬種とは違い、被毛は一定まで伸長するとそれ以上伸びないので毛をカットする必要はありません。しかし、他の犬種と共通して言えることですが、足回りの毛とお尻周辺の毛は短くしておくことをお勧めします。なぜなら、足回りの毛が伸びすぎると特にフローリング床で滑りやすくなり、怪我につながるためです。それに、お尻周りの毛は排泄物で汚れやすいので、衛生状態を保つためにも定期的にカットして短い状態を維持する方がよいのです。また、耳周りの毛は輪郭に沿って切るだけですっきりと可愛く見え、その際に耳の中をケアしてあげると耳の病気予防にもなります。

カットする前の準備

まずはトリミングに必要な道具を用意しましょう。必要な道具はカットバサミ、ボブバサミ、スリッカーブラシ、バリカン、コームです。道具の準備が整ったらスリッカーブラシを用いてよくブラッシングをします。ポメラニアンの被毛は長く繊細です。毛のもつれや毛玉を解消しておかないと、バリカンに毛が絡まったりしてうまく切れない場合があります。

耳周りのカット

ポメラニアンの耳の輪郭に沿って、毛が伸びている部分を短く切りそろえると、すっきりとした印象になります。耳を傷つけないようにハサミは皮膚に対して水平に入れるようにしましょう。耳などデリケートな部分をトリムするときはボブバサミが向いています。この時、耳垢が溜まっていないか、耳毛が生えていないか耳の中もチェックしましょう。耳毛が生えていたらカットすると、耳の中の通気性がよくなり耳の病気予防になります。カットする場合は刃先が丸くなっているハサミを用いると耳の中を傷つけることを防げます。また、耳垢が溜まっているようでしたら、脱脂綿で拭いたり市販のイヤークリーナーを使って掃除してあげましょう。

足回りのカット

足回りは毛が肉球にかからない程度に短くカットした方が衛生的かつ安全です。つま先から足の甲の毛をコームを使って起毛させ、足の形に添って短くカットします。つま先など細かい部分はボブバサミを使うとカットしやすいです。足裏の毛は肉球の間からはみ出ると足を滑らせやすくなり、危険なので特に注意が必要です。肉球の間の毛をコームを使って引き出し起毛させ、はみ出ている部分をカットします。足裏の毛は、ペンシルバリカンやボブバサミを用いると作業しやすいです。いずれの場合にせよ肉球に刃が当たらないように注意してください。

お尻周りのカット

ポメラニアンは長毛種のため、お尻周辺は尻尾の付け根の毛も含め排泄物で汚れやすいので短く切りそろえます。コームを用いて肛門周りの毛を下方向に向けさせ、バリカンを使って肛門から外側に向けバリカンを入れて毛を刈りましょう。カットバサミを用いるときも同様で、コームで毛並みを整えたら肛門を中心にして、外側へハサミを入れていきます。他の部位と同様に、ポメラニアンを傷つけないように刃は皮膚に対して水平に入れるようにしてください。

まとめ

以上、ポメラニアンの部分トリミング法についてご紹介しました。共通する注意点としては、刃先を愛犬に向けてカットしないことです。信頼関係が出来上がっている愛犬であれ、相手は動物なのでこちらが刃物を扱っていても不意に動くことがあります。その際に、愛犬を傷つけてしまわないようバリカンやハサミを使用している間は細心の注意を払うようにしてください。