自宅でできる、ミニチュアダックスフンドのトリミング

ミニチュアダックスフンドの飼い主さんの中にはトリミング費用節約のために、ご自分で愛犬のトリミングに挑戦しようと考えている方もいるのではないでしょうか。実際、ミニチュアダックスフンドは基本的なお手入れであれば、家庭でもトリミングが可能です。そこでミニチュアダックスフンドのトリミング法についてご紹介したいと思います。

ミニチュアダックスフンドのトリミングの必要性

ミニチュアダックスフンドは被毛が伸び続ける犬種ではないので、人の手で被毛を切ってあげる必要はありません。しかし、ダックスフンド種が持つ特有の飾り毛が地面についてしまう場合や、顔からはみ出る毛はカットしてあげた方が衛生面や安全面で有利なうえ、見た目にもさっぱりときれいに見えます。また、ミニチュアダックスフンドに限らず足裏の毛とお尻の毛は伸びていると、怪我や病気につながるので定期的にカットして短い状態を保った方がよいです。

顔周辺のカットの仕方

顔周辺は基本的には輪郭に沿ってカットしていきます。まずは伸びすぎた眉毛を切ります。目の上部から上に向かって伸びている太い毛が眉毛です。輪郭からはみ出ている部分を切りましょう。この時、目を傷つけないよう注意してください。顔周辺はボブバサミを用いるとより安全にカットできます。次にひげを短く切りそろえます。猫と違い犬はひげを短く切ってしまっても行動に支障がありません。シルエットが美しく見えるように根元から切りそろえましょう。最後に口周りのラインを揃えます。口元の毛は伸びてくると見た目が悪くなるだけでなく、よだれや食べかすなどで不衛生になるので、輪郭に沿って短くカットしましょう。ひげと口元をカットするときは、愛犬が不意に舌を出して傷つけてしまわないよう、マズルをしっかりと押さえながら切りましょう。

足回りのカットの仕方

足回りの毛をカットすることは見た目をよくすることはもちろん、汚れや怪我を防止する意味もあります。特に肉球の間から伸びた毛を放っておくと、フローリング床などで足を滑らせやすくなり関節を痛めたり、転倒して骨折するケースもあります。よって、足裏の毛は定期的にチェックして伸びていたら切ってあげましょう。肉球の間に隠れている毛や寝ている毛をコームを用いて引き出してしっかりと立毛させ、はみ出ている部分を肉球にかからない長さに切ります。バリカンやボブバサミが向いており、ボブバサミを用いるときは内側から外側へハサミを入れると安全にカットすることが可能です。足の甲の毛も同様に、伸びている部分をコームを使って立毛させて、足の輪郭に沿って短く切りそろえます。足の飾り毛も地面につくほど伸びているようであれば短くしましょう。親指が見える程度までカットすると、地面に触れませんし見た目にもシャープになります。足の甲と飾り毛のカットはスキバサミを用いると自然に仕上げることが可能です。

お尻周辺のカットの仕方

肛門の周辺や尻尾の付け根といった、お尻の毛は伸びていると排泄物で汚れがちです。衛生状態が悪くなると病気の原因になるので、短く切りそろえましょう。まずは、肛門周辺の毛をコームを用いて下方向に向けます。その状態から肛門が完全に見えるようになるまで、肛門周辺と尻尾の付け根の毛を短くカットしましょう。カットバサミを使用してもよいですが、バリカンで一様に短くしてしまっても構いません。また、オスの場合は下腹部の毛が伸びていると尿で汚れやすいので、生殖器を傷つけないようコームで位置を確認したうえで、伸びている毛をカットしてあげましょう。

まとめ

最後にバリカンやハサミなどを使用中は、愛犬を傷つけてしまわないよう細心の注意を払ってください。気心が知れている仲とはいえ相手は動物です。不意に動いてしまうことは重々考えられます。また、愛犬が嫌がるそぶりを見せたら無理して継続しようとせずに、残りの工程を翌日に回すなど臨機応変に対応してください。愛犬にとってずうっとじっとしたまま立ち続けることはストレスです。トリミングの工程を複数日に分けたり、合間に遊びやおやつの時間を設けるなど、愛犬にとってトリミングが負担にならない楽しいものになる工夫をしてあげてください。