自宅でのお手入れが楽になる!プロのトリマーが使っている道具をご紹介!

ちょっとしたトリミングや毎日のケアを自宅で行っている方がほとんどですよね。しかし、人間と同じものを使っているとやり難いと感じませんか?プロのトリマーさん達は技術や経験で早く綺麗に仕上げていますが、それ以外にも道具がペット専用の作りになっているのでとても使いやすいのです。今回はセルフケアが楽になるプロの道具をご紹介します。

ブラシ

セルフケアで使うにはソフトスリッカーがオススメです。ソフトスリッカーはクッションが付いているので初めての方でも愛犬の皮膚を傷つけずにブラッシングができます。毛玉が多くてブラシが通らない場合は危険ですのでペットサロンか病院へ行って戻してもらいましょう。

ハサミ

セルフケアでハサミを使うことはありませんがちょっとした毛玉の除去や足裏カットでは使う方もいるのではないでしょうか。プロが使っているハサミは大きく分けて3つの種類があり、「仕上げハサミ」、「ボブバサミ」、「スキバサミ」と呼ばれています。「仕上げバサミ」はプロが一般的によく使っているハサミです。他のハサミより切れ味が鋭いので取り扱いには十分注意してください。怪我をさせる危険性があるので扱い方やカットの仕方を勉強してから使うようにしましょう。「ボブバサミ」は刃の長さが短く安全性が高いので、細かい部分を切るのに適したハサミです。足先やヒゲなど愛犬が嫌がる敏感な場所を切るときによく使われています。「スキバサミ」名前の通り毛を減らすハサミです。毛の量を調節したり、仕上がりを自然にするために使われています。1回では全ての毛が切り落とされないので失敗しにくいハサミです。スキバサミは種類がいくつかあり、犬種によって使い分けてる方もいます。

バリカン

バリカンは「全身バリカン」と「部分バリカン」の2種類で使い分けています。「全身バリカン」ではサマーカットなど広い面積をカットするのに適しています。一般家庭ではあまり使われないかもしれません。しかし「部分バリカン」は足裏の毛や肛門周りなどをカットするのに最適です。セルフケアには部分バリカンがオススメかと思います。

その他の道具

他にもプロが使っている道具は「爪切り」、「カンシ」、「爪やすり」、「止血剤」です。

「爪切り」はギロチンタイプのものが使いやすくてオススメです。「爪やすり」は切った爪の断面を削って整える道具です。こうすることで抱っこしたときに爪が引っ掛かることもないので安全です。「止血剤」は爪を切った時に出血した場合使います。血が出ている箇所に止血剤の粉を数秒押し付けるだけで止血できます。爪切りに慣れていないと出血させてしまう事があるので持っていると安心です。「カンシ」は耳掃除や耳毛抜きに使います。危険なので自宅では耳掃除にだけ使用してください。カンシにコットンを巻いて綿棒のように使います。最近では液体の耳掃除が主流なのでカンシはあまり必要ないのではないかと思います。

まとめ

今回はプロが使っている道具の種類を紹介しました。これらの道具を買うときに「プロ用」と付け加えて検索するとプロに人気のメーカーが出てきます。またYouTubeでもカット仕方や道具の使い方を紹介している動画が多くあるのでセルフケアをする前に見るのもいいですよ。

コメントは受け付けていません。