臭いの原因はこれ!愛犬の匂い対策

愛犬と生活していて臭いが気になることはありませんか?お友達を自宅に招いた時に「ちょっと犬の臭いが気になる」と言われた経験もあるのではないでしょうか。一緒に生活しているとどうしても愛犬の臭いが気になってしまいます。臭いケアをしても原因がわからないと効果は弱いです。そこで今回は犬の臭いの原因と対策方法についてご紹介します。

原因1:口臭

犬の口臭の原因は、歯周病などの口内環境の悪化がほとんどです。歯の隙間や口腔内が狭い小型犬や短頭種は、歯磨きが難しく、口内トラブルを起こしやすい犬種のため口臭が強くなる傾向があります。また老犬になると蓄積した歯垢が歯石となり自宅の歯磨きでは除去できなくなってしまうので、高齢になるほど口内環境を清潔に保つことは難しくなります。口臭の対策はやはり毎日のデンタルケアですが、苦戦している飼い主さんが多いです。今では液体タイプやシートタイプの歯磨き粉もあるので愛犬に合ったグッズを探してみてください。難しいようであれば動物病院やペットサロンで歯磨きをしてもらえるので利用しつつアドバイスを貰うといいでしょう。

原因2:体臭

犬の臭いの一番の原因は体臭です。何となく感じている獣臭の様な臭いは犬の体臭です。人間と同様に犬にも二種類の汗があり、運動をした後に出てくるサラッとした無臭の汗とは別に、匂いのある汗もかきます。この匂いのある汗が犬にとってフェロモンや個体識別の枠割を果たしており、犬独特の体臭が出ている原因となっています。
人間よりも犬のほうが臭いがキツい理由は、匂いのある汗が人の場合はわきや耳の中などの限られた場所からしか出ませんが、犬の場合は全身から出ます。犬は匂いのある汗が出る汗腺が全身に分布しているため、犬独特の臭いがキツくなってしまうのです。

対策としては定期的にシャンプーするのが有効です。しかし、人間のように毎日シャンプーをすると毛や肌に必要な油分まで落ちてしまうので月に1回を目安にシャンプーを行ってください。また、パグやフレンチブルドックのように顔にシワが多い犬種はシワの間に汚れや垢が溜まりやすいので濡れたガーゼで拭き取ってあげてください。

原因3:便臭・体内から出る臭い

うんちが臭うのは当たり前ですが、食事やおやつなど、摂取する食べ物を変えることでにおいを軽減できる場合もあります。犬は肉食のためタンパク質の消化は得意な動物と言われています。しかし、炭水化物の消化は苦手のため、穀類の多い食事を与えると便が臭くなる原因になります。他にもタンパク質や脂質の取り過ぎにより腸内バランスが崩れてしまうと体臭がキツくなるそうです。納豆・ヨーグルトなどの発酵食品、食物繊維が多い食べ物を摂取するなどで体臭が軽減される可能性もあります。

臭いで代表的なのが肛門腺から出る分泌物です。犬には肛門腺と呼ばれる臭腺が肛門の左右にあります。この肛門腺にたまっている分泌物が、独特かつ強烈なにおいを発します。小型犬はこの分泌物が肛門腺にたまりやすいので、飼い主さんが定期的に分泌物を絞り出してあげることでにおいを抑えることができます。ペットサロンでも肛門絞りという名前で行ってくれるのでプロにお任せすることをオススメします。

まとめ

犬の原因は体臭だけではありません。様々な原因が重なっているケースもあります。あまりに臭いがキツいようなら病気の可能性があるのですぐに病院で診察を受けてください。

コメントは受け付けていません。