飼う前に知っておこう!トリミングが必要な犬種

犬をペットとして飼う場合、好きな種類を飼いたいけど毎日のお手入れが必要かわからないと思う方がいらっしゃると思います。ブラッシングはもちろん必要ですが、定期的にトリミングする必要がある犬種かどうかは判断が難しいですよね。近年のペットブームで犬を飼うとトリミングが必須というイメージがありますが、犬種によって違います。今回はトリミングが必要な犬種とその毛の特徴についてご紹介したいと思います。

トリミングが必要な理由

まず、犬にトリミングが必要な理由についてご説明します。
トリミングが必要な犬種はシングルコートと呼ばれる被毛であることが多いです。シングルコートとは通常の犬と違い、換毛期がありません。そのため毛が伸び続けてしまいます。被毛を伸ばし続けても問題はありませんが、見た目や衛生面のためにカットしたほうがいいです。また、毛をカットしないフルコートの状態だと一般の家庭では手入れをするのが難しいです。シングルコートの犬種は冠毛期が無いため抜け毛が少ないとも言われています。アレルギーの持ち方でも比較的飼いやすいと言われています。しかし、シングルコートはダブルコートと違って寒さから身を守る被毛がないため寒さに弱いのが特徴です。そのため冬の時期にトリミングを行うと体調を崩す可能性もあるのでご注意ください。

トリミングが必要な犬種

先ほど説明したとおりシングルコートの犬種はトリミングが必要と言えます。
トリミングが必要な犬種は以下の通りです。

・パピヨン
・トイプードル
・ヨークシャテリア
・シュナウザー
・シーズー
・マルチーズ

今回は代表的な種類を挙げました。この種類は絶対にトリミングが必要というわけではありませんが毛が伸び続けるためある程度カットする必要があります。心配な方は飼う前に店員やブリーダーに確認するといいですね。お洒落で可愛いペットカットをしたい場合はシングルコートの犬種を選ぶとペットに負担なく楽しむことができます。

お手入れのポイント

トリミングが必要な犬種のお手入れ方法ですが、シングルコートは毛玉ができるのを防ぐために毎日ブラッシングをしましょう。シングルコートは毛が絡まりやすいので毛玉やブラシが通りにくい箇所がないか注意しながらブラッシングしてあげましょう。また長毛種の場合、伸びすぎると毛が目に入ったり、糞が毛についてしまうのでトリミングも必要になります。短毛種の場合はそのような心配はないのでお手入れが比較的楽と言えます。

まとめ

トリミングが必要な犬種は多くいます。しかし、被毛の種類によって必要か変わってくるのはあまり知られていません。犬種によって被毛のタイプも違うのでペットを飼う際はその点も含めて検討するといいですよ。トリミングをしたい方は今回紹介したように寒さに弱い犬種もいるのでトリミングの時期やカットデザインにも注意していただきたいです。トリミングだけじゃなく、毎日のお手入れの仕方も犬種によって様々なので自分のライフスタイルにあった子を探すと後の生活が楽になります。ペットを飼う前は事前に調べておくと生活のイメージがしやすいですし、店員さんなどに相談することでトラブルを避けることができるのでとても大切です。

コメントは受け付けていません。