高洗浄効果のマイクロバブルの活用法

トリマー 身だしなみ

トリミングショップのオプションサービス、付帯設備として今では当たり前になっているマイクロバブルは高い洗浄効果と皮膚への安全性からトリミングには欠かせないアイテムです。

このマイクロバブルを有効に活用することで売り上げを伸ばし、固定客の増加を目指すことができます。

マイクロバブルとは

マイクロバブルとは専用の機器を通じて発生する微細な泡のことです。この泡サイズが人間の毛穴、犬の毛穴よりも小さいことから毛穴の奥まで泡が届くことで、通常の洗浄では落としきれない汚れまでも掻き出す効果あるということでエステ業界、医療業界、ペット業界で注目を集めています。

ただ専用機器から特殊な圧力をかけ発せられる泡は空気中で即座に酸素と結合するので簡易的な装置だけでは想像する効果が得られないこともあります。

マイクロバブルのもつ高い洗浄力

ペットにマイクロバブルを用いるメリットはシャンプーで落としきれない汚れまですっきりと洗い流すことができることです。犬の皮膚は人間の赤ちゃんよりも薄くデリケートです。そのため洗浄力の高いシャンプー剤を利用すると皮膚にダメージを与えかねません。しかし低刺激なシャンプーで皮膚や被毛の表面を洗浄するだけでは汚れが落としきれずに気になる体臭が改善されません。

マイクロバブルを用いると毛穴の奥の汚れまで掻き出すことができるので、毛穴の奥にたまった皮脂や汚れ、抜け毛がすっきりと落とせる上に、皮膚が微細な泡で刺激され、新陳代謝も向上します。

化学成分を使用する方法ではないので皮膚にトラブルを抱えている場合、敏感肌な場合でも気にすることなく利用できます。

すでにアレルギーや皮膚疾患を抱えている場合、マイクロバブルで皮膚の汚れをリセットしたうえで薬を塗ったり、保湿剤をつけることで浸透効果も格段に向上します。

売り上げ増大につなげる方法

マイクロバブルの効果効能は誰もが納得しうるものですが、実際に店舗で導入する場合、機器の購入、設置工事などの費用がかさみます。その費用を回収するためにはシャンプーコースの料金に転嫁する必要があります。
一般的にマイクロバブルによる洗浄は小型犬の場合5~10分、大型犬の場合は20分ほど作業時間がかかります。追加料金は小型犬で1000円前後、大型犬2000円前後です。

このような機器を導入し、さまざまな効果効能が得られるということはトリマーが積極的にアピールすることで利用率が高まります。

それぞれのお客様に丁寧に説明をすること、効果効能を納得してもらうことで利用者の増加、リピート利用につながります。

時にはお客様からより詳細な説明や質問を受けることもあります。そのような場合でも正確に丁寧に対応ができるように従業員は情報を共有すること、知識を高めることを念頭におくよう心がけます。

マイクロバブルの機器販売会社でセミナーや技術指導を請け負っていることもあるので、機器操作、効果効能に不安がある場合は発売元へ相談することもおすすめします。

まとめ

マイクロバブルはあくまでも洗浄機器、洗浄方法の1つであって犬猫の病気や皮膚の治療に確実な効果があるわけではありません。この点はトリマーとして正しく認識を持つことが大切です。動物病院で導入したことで効果がある背景には、洗浄後の薬の塗布など治療を行うからです。くれぐれも誤解の無いよう正しい説明を心掛けます。